書き初めで小学生が書く4文字って?四字熟語や言葉で思いつくものとは


冬休みの宿題で必ずあるのが書き初めで、どういう言葉を書いたらいいのか悩みますし、親としてはどうアドバイスをしたらいいのか悩みますよね。

そこで、小学生が書く4文字、四字熟語、言葉について確認しましょう。

スポンサーリンク

書き初めで小学生が書く4文字は?

春迎え心や春待つ心はこれから春を迎えるときの気持ちを表していて、冬の寒さを早く乗り越えたい印象を受けます。

それと似た言葉が小春日和で暖かな日が待ち遠しい印象がありますし、早春の光も小春日和と似てるので見た目は早春の光の方がかっこいいです。

お正月関連なら、謹賀新年や恭賀新年、初日の出、新春の朝があるので宿題として書くには最適です。

日本晴れは寒い日に雲一つなく快晴なときで冬はたまにありますし、清々しい気持ちになるので新年が明けて気持ちを切り替えたいときには使いたい4文字です。

輝ける朝、輝く大地、希望の光は暗闇から晴れたときに使い、これから良いことがあるときには使います。

二人三脚は誰かと協力して成し遂げることですので、1人ではできないことがあるときには使いたいですね。

笑門福来は、嫌なことや悲しいことがあっても笑っていれば自然と家族も笑い、いつしか良いことが訪れる意味があるのでいつも笑っていたいときには最適です。

自然の美 、美の世界は見ると心が洗われるので見ることで自分の中で起こってる問題が小さく感じます。

伝統の美も似てるので今の自分から変わりたいときには使いたい4文字ですね。

書き初めで小学生が書く四字熟語は?

一陽来復は、悲しいことや辛いことが続いた後には嬉しいことや幸せがくる、辛いことは長続きしないので暗いときや耐えてるときには使いたい四字熟語です。

前途洋々は、どんな未来が待ち受けているかなりたいことやしたいことなど希望に満ちているときに使います。

私が小学生のときに新しいことに挑戦するときには前途洋々のように、この先はどんな素晴らしいことがあるのかワクワクしてた頃がありました。

刻苦勉励は、難しい問題が降りかかったときにそれに対して懸命に考えて勉強に打ち込むことで、受験勉強やテスト前にはこんな状態ですよね。

漢字は難しいけど、考えることがあるときには使いたい四字熟語です。

健康一番、健康第一は何をするにも体が基本ですから病気なく毎日過ごしたいときに使いたいですね。

世界平和は、文字通り何事もなく平和であって欲しいときに使い、毎日色々な問題が出てきますがそんな中でも願ってしまうのがこの四字熟語です。

スポンサーリンク

起承転結は物語や小説によく出てきて、例えると家を出て寄り道したら問題が発生したけど何とか解決したような感じですね。

因果応報は良いことや悪いことをするとそれが返ってくるので、何に対しても思ったまますることを大切にしたい四字熟語です。

力強い印象のある四字熟語は、白虎青龍、風林火山、文武両道、温故知新、精神統一、大願成就でかっこいい文字を書いてみたいときには使いたいですね。

一期一会はその時その時を大切にして、前にあったことには囚われたくないときには使いたいですね。

心機一転や一念発起は今あることから発想を変えてみたい場合にはよく使われるので、新たなことに挑戦したいなら書いてみましょう。

正々堂々はズルをしないで正面から向き合って何かに取り組むときに使いたい四字熟語です。

日進月歩は何かあっても休まず、やめないでひたすら進みたいときには最適です。

一石二鳥は自分のした行いが結果として2倍良いことに変わったときに使います。

青天白日は自分のせいではないのに責められたときに疑いはないよと堂々と言える四字熟語です。

伝統文化と世界遺産、花鳥風月は自然の美しさ、つまりこの3語は美しいという共通言葉があるので、綺麗なものに出会えたなら書きたい四字熟語です。

千変万化は毎日日常の繰り返しではなく日々変化する意味がありまして、変わらない毎日だと思っても何かしら変化はあるよと気づきたいときには書きたいですね。

書き初めで小学生が書く言葉は?

有言実行は目標を決めたらそれを言葉にすることで必ず実現させる意味があります。

一所懸命は一生懸命と同じように何事に対してもがむしゃらに取り組む意味があり、私は何かに対して懸命に取り組みたいときに使ってる言葉です。

諦めないは言葉通り、目標に向かって何が何でもやり切ることで諦めたら後悔しますよね。

そんなときに気合をいれるために使うので、中途半端が嫌なときには自分に言い聞かせて書いてみましょう。

自主自立は人の助けを借りずに自分の力で頑張り抜く言葉です。

時には誰かの助けを求めたいけど最後には自分で何とかするものですから、自分で考えて行動したい或いは成長したいときには使ってみてください。

強い決意や強い信念は、横道反れずに誰かに言われても決意を押し通す位、固い意味がありますから目標が決まってるときには使いたい言葉ですね。

助けあいや思いやりは、友達や家族、身近な人と助け合っていく気持ちを大切にしたい言葉です。

それに対して一日一善は1日1回は良い行いをしたいときに相応しい言葉です。

努力の年は去年以上に足りない部分を努力できるように、平和な年は何事もなく過ごせたらという願いがあるなら書いてもいいですね。

まとめ

色々な言葉がありますが、今の状況や新年に関することなど好きな言葉を書いてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA