左利きの持ち方でペン、箸や包丁を力を入れずにできる方法とは?


左利きの特徴の一つに持ち方がありますが、時間が経つと力が入ってしまうことってありますよね。


そこで、左利きでもペンや箸と包丁の持ち方が良くなる方法を確認しましょう。

スポンサーリンク

左利きの持ち方でペンの場合は?

左利きの場合は、ペンを持つときに親指と人さし指で持ちます。

中指の第二関節の上にペンを置いて、中指を支えるように薬指と小指をくっつけると持ちやすいです。

ペンは寝かせない

ペンは寝かせたまま、小指の第二関節の外側から手首まで紙につけて書くと、インクや鉛筆の跡がついて紙と両方汚れやすいです。


ちなみに、持ち方以外にも汚れてしまうことがあるんですけど。

こちらの、左利きの字が汚くなる理由の記事に、私の経験談が載ってるので、参考にしてみてください。

ペンは箸の持ち方を意識する

ペンは箸のように立てると、自然と手が紙から離れます。


この使い方は、ペン講座を習ってるときにお手本に画像と説明が載っていまして。

真似して持つとはじめは持ちにくくて、力を入れなければならないほど使いにくかったんですね。


けど、慣れてくるとこっちの方が書きやすくなりました。

汚れない方法

ペンを立てたときに、小指の第二関節と手首だけつくように意識して、その間を浮かせるように書くと汚れが少なくすみますよ。


たまに手を丸めるように書いてる人を見かけますけど。

この使い方は、書いてる字が見えやすいことと紙を汚しにくいんですね。


見た目は気になっても、使いやすさを考えるとこれでも良いですね。

スポンサーリンク

指を曲げる癖が疲れをつくる

私は人さし指の第一と第二関節をくにゃっとお皿のように曲げる癖がありまして。

これだと力が入り指が疲れやすいんです。


なので、時々その指を歩かせるように、ヘコヘコと山の形と皿の繰り返しをしています。


ちなみに、書くときに困ることってありますよね。

こちらの、左利きの字が綺麗になるコツと上手く書く方法の記事には、字が今よりも良くなる方法が載ってるので、参考にしてみてください。

左利きの持ち方で箸の場合は?

お箸の持ち方は、ペンの持ち方の薬指と小指を抜かした持ち方になります。

上側の箸は人差し指と中指で、下側は親指で持ってる状態になります。


持ち方のポイント
2本の内、上1本を上下に動かすようにすると、力を使わずにすみますよ。

持ちにくいときには竹輪を活用しよう

この方法で持ちにくい場合は、両方の持ち手側の上に竹輪を3〜5cm位挟んでみてください。


竹輪は以前、ある番組で紹介されていたんですね。

1週間〜10日位付けてると、自然と箸の持ち方が身についてて、力も抜けてます。


ちなみに、竹輪は食べ物なので、衛生面を考えて毎日取り替えてくださいね。

左利きの持ち方で包丁の場合は?

右利きの人が包丁を持つときは、立てるようにします。

このときに、親指と人さし指か人さし指のみで、刃の柄元を支えるように持ってください。


他の指は持ち手(柄)を軽く握って、右手は包丁から小指の先位間を開けて物を支えるとやりやすいです。

この持ち方だと、野菜はそのまま、肉や魚は抜くように切るだけなので、力をかけずに作業できますよ。

持ち方を意識してみると・・・

私は結婚して初めて旦那の家で包丁を使いましたが、お義母さんや旦那には危なっかしいと言われまして。

お義母さんの使い方がこの方法だったんですね。


真似して3カ月経つ頃には慣れたので、見られても言われなくなりました。

まとめ

物の持ち方はそれぞれ共通してるので、基本を覚えつつ、気になったときに意識してみてください。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA