卒園式に子供にふさわしい服装で女の子の場合髪型や靴を合わせるには?


卒園式に初めて出席する場合だとどういうものが合うのか分からないですよね。

女の子の場合だと種類が多くて迷いますし、髪型もどんな感じなら場の雰囲気に合うのか悩みますよね。

そこで、服装で女の子の場合、それに合う靴下、髪型と小物や靴についてご紹介します。

スポンサーリンク

卒園式の子供の服装で女の子が着るなら?

スーツやワンピース、ブレザーなら卒園式で着る子が多いのですし、色は黒、紺、グレーなら場の雰囲気に合います。

これらにボレロを羽織ると時期的に肌寒いので寒さ対策になりますし、羽織るなら襟有りでも無しでもどちらでも構いません。

ブレザーにはスカートと同じ色にしたり小さな柄が入ってると可愛いです。

グレーはチェック柄だと着やすいですし、実際に卒園式で着てる子を見かけたことがあります。

ワンピースは半袖やノースリーブのワントーンにすると清楚に見えます。

卒園式で子供に穿かせる靴下は?

ハイソックスはどんな服装にも合うので、服装に白が入ってれば白にしてみて、服が無地ならフリル付きやレースのフリルにすると可愛いです。

女の子は普段、フリルを穿く機会がないので憧れはありますし、私は小さい頃にフリル付きを穿いたときには目をキラキラと輝かせてました。

紺や黒も穿きやすく、リボンが付いてたり刺繍や模様が入ってるとアクセントになりますし、これらの色にもフリルがあると可愛いです。

卒園式で子供が似合う髪型は?

髪型はアップでポニーテールにするなら巻いたり、前髪は軽く巻くと可愛らしくなります。

前髪が長い場合は、横に流して毛先をカールさせたり編み込みにする、ポニーテールにしてまとめても良いですね。

ツインテールの場合は、毛先を巻いたり高い位置から巻くとちょっぴりお姉さんぽくなりますし、お団子にするとより可愛さが増します。

ショートの場合は、髪を軽く巻くと雰囲気が変わりますし、左右は三つ編みにしたりそれを後ろで一つにする、耳にかけてピンで留めるても雰囲気が変わります。

ピンを使う場合は髪質は大人と違って細く髪は少ないので、普段ピンを使う機会がないなら数を少なめにすると髪や地肌に負担はかかりません。

ロングは前髪を編み込みにしたりアップにするとお姉さんらしくなりますし、サイドをまとめると清楚に見えます。


スポンサーリンク

髪型で女の子が取り入れたい小物は?

カチューシャはアクセントになり、リボンやコサージュが付いてるならワンポイントになります。

服の色と同じ物にしたり白が入った服なら白にすると可愛くなります。

髪型がアップの際に付けるとお姉さんぽくなります。

卒園式で子供に履かせる靴は?

靴は黒の艶なしの物やバレエシューズ、フォーマルシューズなら卒園式で履きやすいです。

艶ありの場合は写真撮影のときに前の方で撮るなら履いても構いません。

艶なしやバレエシューズの場合、ストライプ付きは足を固定してくれるので脱げることはないです。

リボンや花柄が靴の前や横に付いてるとアクセントになって可愛いです。

紺やグレーの靴もありますが、卒園式の服装に合わせやすいのは黒なので黒を選ぶといいでしょう。

かかとが2,3cmあるものは可愛いですけど、初めて履く場合は歩きにくいです。

服装と合うなら取り入れてみて、卒園式前に2,3回履き慣らしておくと靴擦れや疲れがそんなに出ません。

私は小さい頃に初めて高さのある靴を履いたときには30分もすると痛かったし、脱いだ後は靴擦れしてた記憶があります。

まとめ

場の雰囲気に合うものの中で、お子さんが似合うものでも構いませんが、着たいものや履きたいものなど選ばせることで本人も卒園式が楽しみになります。

お子さんの考えを尊重しながら決めてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA