ネクタイの結び方 緩くなく上手くいくコツを身につけよう

ネクタイ
社会人になってスーツを着ることに慣れたけど、ネクタイは上手く結べなくて、気づいたときには緩んでることはありませんか?

ポイントを押さえると1日緩まなくてすむので、上手くいくコツについてお伝えします。

スポンサーリンク

ネクタイの結び方で緩くない方法は?

巻きの回数が1回の場合は緩む原因になるので、回数を増やすとほどけにくいです。

ウィンザーノットは巻きの回数が2回、セミ・ウィンザーノットは3回と回数が多い程、ノット(結び目)が堅くなり太くなってまとまるので緩みません。

巻くときにネクタイの先の部分(剣先)が、太い方(大剣)を結び目が作りやすい位置で動かさずに細い方(小剣)を軸にして固定するようにしっかり巻くことでほどけにくくなります。

緩くない方法の1つとしてディンプルも覚えよう

結び目を作った後に、その下に窪み=ディンプルを作ることで首に結び目を持っていった際に結び目が固定されつつ、立体感が生まれるので一緒に覚えてみてください。

ネクタイの結び方で上手くいく方法は?

巻く前にワイシャツの襟は立てて、第1ボタンを留めておくとスムーズに結べます。

ネクタイの小剣を大剣の1/2の長さにして、そのまま首の後ろへ持っていくと上手くいくので、結ぶ際にネクタイの長さや首の太さで調節してみてください。

プレーンノットは小剣を軸にして1巻きですみ、簡単に結び目ができるので、ネクタイを上手く結べるようになりたい人にはやりやすいです。

旦那はスーツを着るときにこの結び方をしますけど、毎回ササッと2,3分でできますよ。

ネクタイを結んだときに剣先がベルトの上にくると丁度良い長さになるので、長い場合はもう1巻きするとできるダブルノットで結びましょう。


スポンサーリンク

結び方にコツはあるの?

いつも着ける物を2,3本使って、鏡を見ながら結ぶとハズす交互の練習を何回かすると少しずつ慣れていきコツが掴めます。

鏡で上手くいかなければ結び方を見ながら何回か行うと慣れますし、旦那は普段ネクタイを着けることはなくて、仕事の関係でネクタイを結ぶときには見ながら行ってますよ。

なぜ見ながらか聞いてみたところ、この方が安定してやりやすいし、数回やってコツを掴めたと話してました。

ちなみに、練習のときに早くやろうとせずに、はじめはこうすればスムーズに回せるや結べるなど考えながらゆっくり行うとコツを掴むことは早いです。

集中しているときに力が入りやすくしわになりやすいので、力を抜きつつ調節してみてください。

まとめ

巻き方を意識して長さを調節すると緩まずに上手くいき、何回か練習することで慣れてコツを掴めますから、練習しながら結びやすいタイプを見つけてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA