紫外線対策 目や頭皮と忘れやすい手の甲にできる方法を提案

麦わら帽子、サングラス

顔や腕などは日焼け止めでカバーできるけど、目や頭皮も紫外線の影響を受けやすいですよね。

また、意外に忘れやすいのが手の甲ですけどここもどうしたらいいのか悩みますよね。

そこで、紫外線対策として目や頭皮、手の甲にできる方法を確認しましょう。

スポンサーリンク

紫外線対策で目に良い方法は?

サングラスや眼鏡には、UVカット加工されてる物や紫外線カット率、紫外線透過率の書いてある物で色の薄いものや書いてあるなら透明の物を選びましょう。

色の濃い物をかけると日陰に行くほど目の瞳孔が開きやすくなって、隙間から入った紫外線が目の奥まで入りやすくなるので気を付けてください。

紫外線は正面だけでなく上下左右からも入るので、大きめのレンズにすると紫外線が入る隙間を少なくすることができます。

コンタクトレンズにもUVカットの物はありますが、製品によってカット率は違うので注意してください。

サングラスだけでは紫外線を防ぎきれないので、帽子や日傘の併用も必要です。

帽子はつばの大きな麦わら帽子を、日傘はUVカット加工と書かれてる物で黒にすると目に入る紫外線の量を減らしてくれます。

日陰に入ることも紫外線対策には有効で、木の近く程防げますから、外で過ごしたり歩くときにはなるべく日陰にいるように心掛けてください。

紫外線対策で頭皮に良い方法は?

分け目をつけてる場合は、地肌が見えてそこにダイレクトに紫外線が当たってしまうので、毎日替えるか隠すように心掛けましょう。

日傘はUVカットの物でいろんな種類や色がありますが、黒は紫外線を他の色よりも通しにくいので、色にこだわりがなければ黒を選んでください。

帽子はつばの大きな麦わら帽子やキャップ付きなら当たりませんが、夏や気温が高いときには蒸れやすいのでかぶる際には短時間にしましょう。

UVカット効果のある頭皮用のスプレーや美容液はささっとつけれるので、紫外線から頭皮を守れます。

けど、夜、頭を洗う際にはつけてることを忘れやすいので、使った日には必ずシャンプーで洗ってください。

適当になりやすいですけど、使った日はいつもより丁寧に髪と地肌を洗うと髪を傷めずにすみます。

ちなみに、曇りの日やうす曇りのときは太陽の光が当たらないから油断しがちですけど、紫外線は60〜80%は出てるので注意してください。

日傘や帽子、外出を控えたり短時間にするなどの対策を忘れないようにしましょう。


スポンサーリンク

対策で手の甲に良い方法は?

手袋はアームカバーや紫外線カット用の物を洗濯物を干す、庭に出る、外出の際につけてください。

ちょこっと出るときに忘れがちですが、するだけで紫外線に当たるのを防いでくれるので、意識することが大切です。

併用して日傘をさすことでより紫外線を防げるので、外出の際には一緒に使いましょう。

日焼け止めはボディ用と顔用がありますが、顔用の方が保湿成分が多くてしっとりしてます。

水に濡れた際には塗り直したり、手を布などに擦ると取れるので都度塗り直し、外出で外にいる時間が長時間の場合は2,3時間おきに塗ると効果的です。

私はめんどくさくて手を洗った後に塗らないことが多いんですけど、年々シミが増えてきてるので対策は必要だと実感してます。

特に、春夏は紫外線が多いので、できる範囲で塗るように意識してます。

まとめ

紫外線から守るにはUVカットの物を使用したり、日陰に過ごす、外出時間を少なくするなどの対策をするとお肌のダメージは受けにくいです。

日々の生活に合った物を取り入れて紫外線からお肌を守りましょう。

⇒ 紫外線対策の関連記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA