結婚式の招待状で返信するときの書き方は?マナーと注意点とは


結婚式の招待状が届くと嬉しいですけど、返信を書かなければならないですよね。

初めての場合、どのようにして書いたらいいのか悩みますし、気を付けることがあるなら知りたいですよね。

そこで、返信する上で書き方やマナーと注意点についてお伝えします。

スポンサーリンク

結婚式の招待状で返信するときの書き方は?

返信する際にはボールペンを使ってゆっくり丁寧に書きましょう。

表面の書き方は、相手の名前の下が行になってるので横又は斜めの二重線で消して、消した隣又は斜め下に見やすいように様を書いてください。

様を書く際は左右斜めのどこでも構わないので、相手が見やすい位置に書くように心掛けましょう。

私は初めて招待状が届いたときには線の引き方が不安だったので、失敗しないように線引きを使いました。

裏面の書き方は、御出席と御欠席のところは出席するので、御出席の御の字と御欠席を縦の二重線で消して出席は字を囲むように丸をつけましょう。

私は囲った後に出席の斜め右上が見やすいので、一緒にお祝いしたい意味で喜んでと毎回書いてます。

出席の下には、いたしますやさせていただきます(頂きますでも可)と書くことでよりお祝いしたいことが伝わります。

はがきが縦書きなら出席の左側に、横書きには出席の下に御住所と御芳名が記載されてます。

住所は御を、名前は御芳の字を縦又は斜めの二重線で消してください。

ちなみに芳という字は御と同じ意味がありまして、御と芳で二重敬語になってしまうので必ず消しましょう。

住所の書き方は表面と同じ書き方にすると統一して見やすいので、御住所の下に一字空けて自分の住所を書いてください。

名前は相手が見やすいように住所と同じ大きさで、御芳名の下に一字空けて自分の名前を書いてください。

メッセージは書く欄があればそこへ一言、欄がない場合は出席の下のいたしますの言葉の隣の行に一言書いてみてください。

一言としては、当日は楽しみにしていますや当日は〇〇さんの花嫁姿を楽しみにしてますなら受け取る方も嬉しくなります。

メッセージの欄があれば、一言の前にご結婚おめでとうございますとお祝いの言葉を書くと相手は祝福してもらって嬉しいと感じます。


スポンサーリンク

結婚式の招待状を返信するときのマナーは?

返信のマナーは余裕をもって期日の1ヵ月前に、遅くても2週間前に届くようにしましょう。

期日直前でも構いませんが、後になるほど忘れやすいし気づいたときには過ぎてる場合があります。

相手に迷惑をかけないためにも届いたら早めに返信してください。

決められたことを守るのがマナーと言いますが、相手の事を考えることもマナーと同じですから気を付けましょう。

ちなみに私のときには期日を過ぎてから届いた人がいまして、式場の人に迷惑をかけてしまった記憶があります。

また、マナーとして届いてから2~3日以内か1週間以内に返信するようにとよく聞きます。

私は実際、結婚式の準備のときに早く返信してもらえるほど有り難かったので、目安として早めに返信するように心掛けましょう。

招待状を返信するときに注意することは?

返信するときに注意することは、御芳名の芳の字を消し忘れることです。

御は何回も出てくるので消すことは分かりますが、芳は残したまま出してしまうことがあるので書いた後や出す前に2回確認するようにしましょう。

初めての場合は返信の際には慎重に書きがちですけど、お祝い事ですから丁寧に心を込めて書きましょう。

注意点として慎重になるほど間違えやすいので、深呼吸して落ち着いてから書いたり相手の事を考えながら書くと終わった後は丁寧に書けてます。

私は初めてのときには挙動不振ではないけど、心配で間違えたくないと思って書きました。

御を消すたびに止まっていて、終わった後は疲れてた位なのでそんな気持ちで返信するのは申し訳なくなりました。

また、返信するときには句読点を入れないことが多いですけど、はがきの文章についてあればつけて、なければ書かないように注意してください。

まとめ

招待状の返信では消し方を意識しつつ、返信する日や相手の事を考えながら丁寧に書くことを心掛けて送ってみてください。

また、返信の際のメッセージに悩んだり書いてるときに間違えてしまったときにはこちらを参考にしてみてください。

⇒ 招待状の返信メッセージの記事は、こちら

⇒ 招待状の返信で書き間違えた場合の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA