マスクを着用するときの耳が痛くないのは?解消や対処する方法とは


マスクは何かとつける機会がありますが、つけてると耳が痛くなることってありますよね。

そんな痛みを何とかできないかなと悩みますよね。

そこで、マスクをつけてて耳が痛くなくて解消できたり対処できる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

マスクをするときに耳が痛くない方法は?

マスクの耳にかけるところはゴムでできてるものがあるので、ゴム紐ではなくて紐や不織布製、ソフトな物にすると痛くないです。

マスクのゴム紐は耳ではなく、首の後ろで留めれるようにゴムを引っ掛けるクリップやフックで両サイドを留めて首の後ろにかけると耳は痛くないです。

ヘアゴムで縛った髪やヘアピンに引っ掛けることもフック同様に耳を痛めません。

脱脂綿やコットンは、耳に当たる部分に巻きつけてから医療用のテープで固定してマスクをするとクッションになるので痛みを抑えてくれます。

巻きつける量は1/2位にするとゴムが伸びすぎずにすみます。

自分のサイズに合った物を選ぶと痛まないので、気持ち大き目の物にすると痛みません。

私は女性タイプの物をしてますが、普通より小さいので耳に食い込みやすく、普通サイズに変更したら物によっては痛みが気にならないときもありました。

マスクをするときに耳に当たることを解消するには?

マスクをしていて耳が痛くなってきたら、絆創膏を痛いところへ貼るとガードになるので痛みが多少は解消します。

ただし、耳をガードする際に絆創膏の真ん中のガーゼの部分は幅が短いため、時間が経つと剥がれてきて擦れる可能性があります。

当たる部分には濡らしたティッシュで拭く、ワセリン、馬油をつけてから貼ると剥がれにくいので数時間は痛みが解消できます。

マスクのゴム紐はつける前に10回位伸ばすとつけたときに少しは解消しますが、マスクの位置を伸ばした方に寄せるとより解消されます。

これはゴム紐を伸ばしたときに痛みがまだ気になるなと感じたことがありまして、じゃあ、位置をズラしたらどうかなと気持ち痛い方に寄せたら痛みはより軽くなりましたね。


スポンサーリンク

マスクをする際に耳に当たるときに対処するには?

私は普段眼鏡をしてますが、マスクのゴムの痛みを何とかしたくてネットで探したところ、眼鏡の耳に当たる部分に巻きつけると良いと書いてありまして。

耳に当たる部分の名前はテンプル又はつるといいますが、つるにゴムを二巻きしたら痛くなくなりました。

痛みが耐えきれないときには対処方法として取り入れやすいです。

輪ゴムはマスクの両サイドのゴム紐に括ってから首の後ろに持っていくと耳に影響はないので、すぐに対処したいときには使えます。

マスクを外すことは一番の対処方法になるので、我慢しきれなくなったときには外して治まるまでは付けるのをやめておくといいですね。

まとめ

マスクの紐が耳に当たるときにはマスクを変えたり、当たる部分や付ける前に工夫をすることで痛まなかったり解消できます。

ちょっとの時間があれば対処できる方法もあるので、できそうなものを取り入れてみてください。

また、マスクをしてると曇ることってありますよね。

特にメガネをかけてるときですけど、マスクが曇らないコツとしてこちらの記事を参考にしてみてください。

⇒ マスクの曇らないコツの記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA