しゃっくりの止め方ですぐにできることは?簡単で早く治まる方法とは


ふとしたときに出るしゃっくりってすぐに止まればいいですけどなかなか止まらないですよね。

出たときが仕事中だったら誰かに聞かれると辛いですよね。

そんなときのしゃっくりの止め方としてすぐに簡単に早くできる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

しゃくりの止め方ですぐにできるのは?

しゃっくりがすぐに治まる方法は息を止めることと水を飲むことで、これらにはポイントがあります。

息を止める方法

口は大きく開けて息をこれ以上吸えない位思い切り吸い込みます。

吸い込んだまま腹筋に力を入れたり、鼻と口を押えて10~30秒位我慢します。

このときにしゃっくりが出そうになるので堪えてください。

我慢の限界に達したら10秒かけて息をゆっくり吐きます。

これを1セットで数えて3回繰り返すとしゃっくりはすぐに止まります。

この方法はしゃっくりが出そうなタイミングで行うとより効果的なので、そろそろしゃっくりがきそうだなと感じたら取り入れてください。

水を飲む方法

コップ1杯の水を用意します。

口を大きく開けて息を思い切り吸い、息は止めたままコップ1杯の水を3,4回に分けて飲みます。

ポイントとして、水は1回毎に噛むようにしたりゴクっと音が鳴るように飲むとしゃっくりがすぐに止まります。

このときに鼻をつまんでもいいでしょう。

また、1の後に俯いたまま水を同じように飲んだり、一気に飲むとしゃっくりがしにくくすぐに止まりやすくなります。

しゃっくりの止め方で簡単なのは?

コップ1杯の水を用意してください。

コップの反対側に上唇をつけて飲んだり、コップを反対側へ傾けるとしゃっくりが簡単に止まります。

このときに鼻をつまんで飲むとより効果的です。

飲み物はちびちび飲むことでしゃっくりを簡単に止めることができるので水以外にお茶でもかまいません。

炭酸を飲んでゲップしたり、鼻をくすぐってくしゃみすることは、のどを使うので自然としゃっくりが止まりやすくなります。

舌の神経は横隔膜とつながっていまして、しゃっくりの際に横隔膜は痙攣してるので、舌を引っ張ることで痙攣を抑えられて簡単に治まります。

お腹は温めることでしゃっくりが止めやすくなるので、温かいお茶や人肌位の水を飲んでお腹を温めてみてください。


スポンサーリンク

しゃっくりを止める方法で早いのは?

早く止める方法として、一瞬意識を他の事に向けてみましょう。

例えば、仕事ですぐにしなければならない作業、好きなこと、クイズなどを考える、しりとりをする、笑えることを思い浮かべるなど、他の事で気を紛らわせるといいでしょう。

同僚や近くの人に脅かしてもらうことも早く治まりやすいです。

砂糖やグラニュー糖はスプーン1,2杯を舐めずにゴクっと飲むとしゃっくりが早く止まります。

コーヒーに出てくるシュガーが近くにあれば飲んでみてください。

コップの水は4分割に縦横分けて、分けた間を少し飲んだらコップを45度回して同じように飲みます。

これを繰り返すことで早くしゃっくりが治まります。

まとめ

水の飲み方、息の止め方、飲み込み方でしゃっくりが止まりやすくなるので出たときには出来そうな方法で行ってみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA