夏バテを防止する方法は?対策するときに簡単にできることとは


暑い季節になってしまう夏バテは、何にもやる気は起きないし動くのも辛いものですよね。

そんな夏バテを防止するにはどうしたらいいのか、方法と対策で簡単にできることをお伝えします。

スポンサーリンク

夏バテを防止する方法は何があるの?

お酢、黒酢などは夏バテで胃や内臓が弱ることを防ぎます。

飲むときには砂糖や蜂蜜と水を入れると酸っぱさを軽減して飲みやすくなります。

スポーツドリンクは、夏バテで不足しがちなミネラルや塩分が入ってるので防止するには最適です。

また、キンキンに冷えてる飲み物よりも常温の方が胃を冷やさずにすむので夏バテになりにくいです。

夏野菜は適度に体が冷えやすくなるので、夏バテ防止として食事のときに食べるようにしてみてください。

夏バテを防止するための対策は?

冷たい食べ物や飲み物は摂り過ぎると胃が弱ったり、汗が出にくくて夏バテになりやすいので摂り過ぎないように心掛けましょう。

冷たい食べ物を食べるなら熱めのお湯やお茶を、冷たい飲み物を飲むなら温かい食べ物を食べると夏バテ対策になります。

水分補給は小まめにした方が夏バテになりにくいですけど、食事も食べるようにするとより防止できます。

食事は1食ではなく3食食べることで夏バテ防止にもつながります。

中でも食べやすいものとしてスイカがありまして、水分補給の代わりになりますし塩をかけると塩分も一緒に摂れます。

温かい食べ物や程良い温かさの食べ物は胃に優しいし、程良く汗をかけて体内の熱を逃がしやすくなるので夏バテ対策になります。

また、香辛料も同じように程良く汗をかけますが、食べすぎないように適度に摂取してください。

これらのものを食べて程良く汗をかいた後にシャワーを浴びることで胃腸は元気になるので夏バテ防止にもつながります。

これらを摂り入れながらバランス良く食べるとより夏バテ対策になります。

生活リズムは不規則にならないように、対策としてリズムを整える、早寝早起きや同じ時間帯に起きるようにするといいでしょう。

クーラーは28度を目安に体を冷やさないように長時間にしないで、夜や寝るときなど短時間にしたりタイマー設定して夏バテを防止しましょう。


スポンサーリンク

夏バテ対策で簡単にできることは?

ウォーキングは手軽にできて20分歩くと汗がたくさん出るので、行うなら日中よりも気温が下がってる早朝や夕方などやりやすいです。

半身浴は38度位のぬるめのお湯に20分位浸かることで自然と汗が出てきます。

何かをしながら行うと自然と20分経ってるので簡単に夏バテ防止できます。

どちらも終わった後は水分補給を忘れずにしましょう。

また、白湯はじっくり飲むことで汗が出やすくなるので簡単にできます。

ちなみに、白湯の飲み方はこちらを参考にしてみてください。

⇒白湯の飲み方の記事は、こちら

冷房は扇風機と併用したり、体に当てずに壁に向けるなど簡単に夏バテ対策になります。

レモン、グレープフルーツなどの柑橘類、梅干しなどのクエン酸は夏バテのときの食欲不振を防いでくれますし、食事や休憩中に手軽に摂り入れられます。

まとめ

飲み物や食べ物を意識する、生活を見直したり汗をかくなど、ちょっとしたことを工夫すると夏バテを防ぐことができるので自分に合った方法を取り入れてみてください。

また、食材や栄養素を意識することで夏バテ防止ができるのでこちらを参考にしてみてください。

⇒夏バテ防止の食材や栄養素の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA