脇汗を止める方法は?対策をして効果のあるものを取り入れよう


夏になると汗が出やすくなりますが、特に気になるのが脇汗ですよね。

顔や額なら人前でも拭けば何とかなるのに脇汗は拭くことってなかなかできないし、ほっとくと服に付いてしまいますよね。

そんな状況にならないように脇汗を止める方法として対策と効果があるものをお伝えします。

スポンサーリンク

脇汗を止める方法は何があるの?

夏になると体温が上がりやすいので体の熱を下げるようにすると脇汗が止まりやすくなります。

脇下には太い血管やリンパ管があるので、冷やすように保冷剤を巻いたタオルや濡れタオル、冷えたペットボトルなどを熱さが引くまで挟んでおくと汗は止まります。

脇下の他に首の後ろも脇下と同じように太い血管とリンパ管があるので、こちらも冷やすと脇汗が徐々に止まっていきます。

涼しい部屋や扇風機とエアコンの併用など、脇汗が出てきたときには室内に入って涼むことで体温が下がって脇汗を止めやすくなります。

また、ずっと涼しい場所にいるとその状況に体が慣れてしまって脇汗が出やすくなってしまうので適度に使うようにしたいですね。

脇汗を止める対策は?

脇汗対策として、塩化アルミニウム液の入った制汗剤は脇汗を抑えやすいです。

ただし、使い過ぎると皮膚が炎症を起こる場合もあるので1日2回を目安に使いましょう。

制汗剤をつけるときには衣類も意識することでより脇汗対策になります。

ミョウバンには肌を引き締めて毛穴から汗が出にくくなる制汗作用が含まれてます。

対策として、ミョウバン水は直接脇下に吹き掛ける、ミョウバン粉末は脇下に塗ると汗を抑えてくれます。


スポンサーリンク

吸水性、発汗性、通気性の高いインナー、綿やコットン、麻、ポリエステルなどでこれらが含まれてるものは汗が乾きやすいです。

ハッカ油は体温は下げませんが、脇下に1,2滴付けることで冷たいと脳が錯覚するため汗が止まります。

ただ、一時的に脇汗を止めるものですし、付けた瞬間に脳が錯覚してるので付けすぎないようにしましょう。

肉類、脂もの、香辛料、冷たいものは摂取することが多いと脇汗の量が増えます。

対策として、夏場は摂り過ぎないようにして夏野菜を摂り入れるようにすると脇汗が止まりやすくなります。

ちなみに、夏野菜についてはこちらを参考にしてみてください。

⇒ 夏野菜の記事は、こちら

脇汗を止めるのに効果があることは?

制汗剤は気になったときにつけるよりも、お風呂上りの肌が清潔で綺麗な状態のときにつけると脇汗を止める効果が発揮します。

体温が上がってるときは呼吸が早くなってるので、深呼吸して落ち着かせると脇汗を止める効果があります。

大包(だいほう)や屋翳(おくえい)のツボは押すことで一時的に脇汗を止める効果があります。

大包は脇の下あたりで胸の延長戦上に、屋翳は胸の上3~5㎝辺りにあります。

大包の押し方は、腕を組んだ状態で手を開いたときの人さし指、中指、薬指の位置になるので3本指で押すと脇汗が引いていきます。

屋翳の押し方は、腕を組んだ状態で手を開くと親指が当たる位置にあるので親指で押すと脇汗が引いていきます。

まとめ

脇下を冷やしたり脇汗を止めれるように工夫すると自然と止まっていくので、自分に合った方法を取り入れてみてください。

また、脇汗が匂うときってありますよね。

こちらに匂いを消したり止める方法が載ってるので参考にしてみてください。

⇒脇汗の匂いを止める記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA