字が綺麗になる方法を身につけたい!書き方やコツを掴む方法とは


字は書く機会があると下手な場合、気になりますよね。

自分より綺麗な人の字を見たり、字の事で言われると悩んでしまいますよね。

そこで、今よりも綺麗に書く方法として書き方やコツをお伝えします。

スポンサーリンク

字を綺麗に書く方法は?

字はなぞることで癖がつきにくく、お手本のように綺麗に書くことができます。

なぞる方法は、パソコンがあるなら明朝体、教科書体、ゴシック体などは綺麗なのでグレーのように薄くコピーしてなぞってみてください。

このときにひらがなを打って、それからなぞり始めるとカタカナや漢字も応用が利きます。

新聞、広告、ダイレクトメールのチラシの大きな文字には綺麗な文字が多いです。

インクのつかないボールペンや芯の出てないシャープペンシルなどでそれらをなぞる方法も綺麗になる近道です。

なぞる方法は窓に新聞などの綺麗な文字を透かして書くのもいいですね。

お手本や見本を書いて、清書した後にお手本と見比べると違いが分かり、どこが良くないのかも発見できます。

綺麗になる方法は、習字やペン講座など人に見てもらうこともいいですね。

人に見られるときの字はいつもより丁寧になりますし、見てもらうと自分の癖を教えてもらえるので字が綺麗になります。

また、書く機会を増やすことは字が綺麗になりやすいので、日記や手紙、メモなどを意識して書くようにするといいですね。

書く場合は丁寧に心を込めるといつもより綺麗に書いてます。

字が綺麗な書き方は?

文字は横書きよりも縦書きの方が綺麗になりやすいです。

書き方として、常に中心を意識して大きめに書くことで自分の癖字が分かって直すことができるので自然と綺麗になります。

一字一字の間隔は均等に書いて、開けすぎてないか狭くないか意識した書き方だと徐々に綺麗になります。

例えば、綺麗な字という短い文を書くとして、字と字の間に小さな〇を書くと均等になります。

目、月、日などの漢字も同じように線と線の間に小さな〇が入るように均等にすると綺麗に見えます。

スポンサーリンク

また、漢字の前後にひらがなを書く場合は、ひらがなの小さなや、ゆ、よ、つの字を書くときってありますよね。

これと同じような書き方でやや小さめに書くとより綺麗な字に見えます。

画数が多い漢字は、例えば、綺麗の綺の字なら糸偏と右側が同じ縦長で大きさ、均等の等なら竹冠と寺が同じ大きさにすると綺麗に見えます。

正しい書き順は綺麗に書く上で大切なので、書きながら覚えてるものは意識して書いてみてください。

字を綺麗に書くコツは?

コツはペンの持ち方は縦にして、姿勢良く字を書くと自然と丁寧に書けます。

字を書くときにはコツとして一筆書きで文字全体を丸く書くようにすると綺麗に見えます。

また、トメ、ハネ、はらいなど一字一字どのようになってるのか発見するとより綺麗な字に近づけます。

私はペン講座を習ってましたが、ひらがなだけで辞めてしまいました。

ひらがなでも共通点があって、ハネは斜め上に、はらいはカタカナのノの字が書いてありまして、トメのポイントは忘れてしまいましたが。

ひらがなは何度もポイントを確認しながらコツコツと書いてく内に慣れてきたところ、どちらも確実に綺麗な字になりました。

カタカナのコツはひらがなよりやや大きめに、漢字よりやや小さめにすると綺麗で見やすいです。

字で線を書く際のコツは、縦線は真下に、横線はやや右肩上がりに書くと見やすい綺麗な字になります。

数字は斜めに同じ大きさにして、ズラさように揃えることで整った綺麗な字に見えます。

これはペン字講座で応用として載っていて、見た目が綺麗で最初の1カ月位意識して書いてみたら自然と数字が整ってました。

まとめ

字はなぞって自分の字と比べたり、均等や見やすい大きさを心掛けると自然と丁寧な綺麗な字になります。

常に見てもらうつもりで心掛けた字ほど綺麗に見えるので書くときにはちょっと意識してみてください。

ちなみに、こちらは左利きについてですが、字が綺麗になる方法が書いてあるので参考にしてみてください。

⇒ 字が綺麗になる方法の関連記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA