初盆でお供え物に付けるのしの書き方は?メッセージを書く際の文例とは


初盆に送るお供え物にのしを付けるけど、のしってどのように書くのか悩みますよね。

お供え物にメッセージカードを添えたいけど、どんな文を書いたらいいのか悩みますよね。

そこで、のしの書き方とカードに書く際の文例をお伝えします。

スポンサーリンク

初盆でお供えする物を送るときに付けるのし紙の書き方は?

のし紙に書くときには、表書きで結び切り又はあわじ切りの上段の真ん中に御供、お供え、御供物などと書きます。

分からなかったり不安があれば御供と書くといいでしょう。

私は初盆やお盆のときには御供で書かれてるのを見ます。

結び切りやあわじ切りの下段、御供などの真下に自分の名前をフルネームで書き、御供の文字よりもやや小さめに書きます。

名前の方が大きいと贈り物が何なのか相手が分からないので、小さめに書くようにしてみてください。

また、名字だけでも構いませんが、同じ名字の方がいるかもしれないので分かるようにフルネームで書いてください。

のし紙に書く際のペンは筆ペンの墨で書こう

初盆は大切な行事ですから礼儀として筆ペンで書くようにしてください。

マジックやボールペンで書くと失礼にあたってしまうので避けましょう。

ちなみに筆ペンには墨と薄墨の2種類があるんですけど薄墨を使うのは四十九日までです。

もし、両方使える筆ペンを持ってる場合はこのときには使わないようにしましょう。

お供え物に熨斗紙を付けるならどのようにするといいの?

熨斗紙の付け方は内のしと外のしがありますが、誰からお供え物をいただいたのかを分かるようにするために外のしで付けます。

また、外のしはお供え物を仏壇に置くときに故人やご先祖様が見やすいようする意味もあります。

ちなみに、初盆のときにはお供え物を持っていきましたが外のしにしました。

熨斗紙を付けるときには

お供え物に熨斗紙を付けるときには、熨斗紙に書いてある御供と名前がお供え物の真ん中の位置になるように、上下のどちらかに偏りすぎずに均等な位置にセロテープで貼り付けてください。

セロテープはのし紙の左右の真ん中に長めに貼り付けるとテープが目立ちません。

四隅の斜め貼りはセロテープが目立ってしまい、貼り方が変に思われるのでやめましょう。


スポンサーリンク

初盆でメッセージを書くときの文例は?

このような文例を参考にして書いてみてください。

・心ばかりではございますが、お供えをお送りいたします。
ご仏前に供えていただければ幸いです。
◯◯◯◯(名前)

・新盆を迎えられるにあたり、ささやかですがお供え物を送らせていただきました。
ご仏前に供えていただければ幸いです。
◯◯◯◯

・◯◯◯◯(故人の名前)様の新盆をお迎えするとのこと、心ばかりではございますがお供え物をお送りいたします。
故人の面影を偲びつつ、遠方より合掌させていただきます。
◯◯◯◯

・この度は新盆にお伺いすることができず、心ばかりではございますがお供え物を送らせていただきました。
遠方より合掌させていただきます。
暑さが厳しくなりますが、ご家族の皆様の健康を心よりお祈り致します。
◯◯◯◯

・追悼の想いを込めて。◯◯◯◯

文例は少し長い文や短文など書きましたが、書く方のありのままの気持ちを丁寧に書くことで相手にも伝わります。

また、文を書くときには字の上手い下手は気にしなくても良いです。

故人やご家族の事を思って書くと自然と丁寧にゆっくり書いてます。

私はメッセージを書くときには常に相手の事を考えて書くようにしてるので、自然と丁寧に書けてますし、書く速さもゆっくりになってます。

メッセージを書くときのペンは書けるもので

お盆にメッセージを書く際には黒の筆ペンで書くのが一番いいですけど、お供え物に添えるのでそこまで拘らなくても大丈夫です。

普段から書き慣れてない場合は黒のボールペンや万年筆で書いても構いません。

ただし、初盆は故人が初めて里帰りする大事な行事ですから色ペンを使って書くのはやめましょう。

まとめ

のし紙に書くときや貼るときには字の大きさや位置を気を付けて、メッセージを書くときには短文で丁寧に書くと相手も有難いと感じます。

初盆にお供え物を郵送する際には意識してみてください。

また、お供え物を郵送するときにはマナーがあるので、こちらを参考にしてみてください。

⇒ お盆の時期の記事は、こちら

場所によって初盆の時期が変わるので、郵送する場合はこちらを参考にしてみてください。

⇒ お盆の時期の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA