断捨離するときに服が捨てられない!減らない場合や迷う際に心掛けることとは

気づいたら部屋中服だらけ。

断捨離したいけど、いざ服を一つずつ手に取ると捨てられなくなってしまう事ってありますよね。

こんな調子では減らない。

では、捨てられない、減らない理由とそれに結びつく迷う事についてどうしたらそこから解決できるのか、私の体験談を基にお伝えします。

スポンサーリンク

断捨離する際に服が捨てられない場合は?

断捨離の際に一番捨てられないのが服ですよね。

1枚ずつ手にしてるとあの頃の思い出や着やすさなど色々と思い浮かびます。

では、思い出すことに対して捨てられないのは今を基準にしてるのかというとそうではないんですよね。

思い出す=過去の事ですけど、それはもう戻ってきません。

むしろ、今を基準にした方が暮らしやすいし、私的には過去にしがみつくことに対して未練タラタラなのかなと、捨てられない服を手に取る際に感じます。

せっかく今着てるもので日常やちょっとしたお出かけ、旅行などを楽しんでるのに、思い出というものに縛られて捨てられないのは嫌だなと考えてます。

着やすさに関してはこれを着て過ごすと生活は楽だし、室内やちょっとした買い物に行くときも気にしなくてすみますよね。

なので、取っておいても構いません。

けど、着やすさの中には服のヘタレ、汚れが落ちない、破れてきたなどの服の限界を迎えることがありますよね。

そんなときは、服も役目を終えて着てもらえたことに対してありがとうと言ってるので、手放してみてはいかがでしょうか?

服の気持ちに寄り添うことも捨てられないから捨てる方向に一歩進めますから。

断捨離する際に服が減らないのは?

断捨離の際に服が減らないのは理由がいくつかあります。

先程挙げたように思い出、お気に入りなどありますが、今を基準に考えてるか、使ってるかどうか。

また、減らない理由の一つとして、自分主体ではなく物主体、物目線で考える事が多いです。

これがあれば外に着ていける、、、
これは私を着飾ってくれてる、、、

悩む衣服を手に取って見ると例ですが、挙げたような事が無意識に思いついてしまうから手元から離れない。

衣類はおしゃべりしますか?

服自身は着てくれると嬉しいなとお願いしてますか?

これがないとあなたは家の中や外で過ごせないよ。だから持っていようよと服はアドバイスしてますか?

洋服、和服を着るのは私達人間ですから、自分目線で今着てるかを基準に考えられたらいいですよね。

減らない又は減らせないなら、まずは物目線から自分=人目線に少しずつ、亀のようにノロノロとゆっくりで構いません。

ちょっとずつ切り替えていけるように心掛けていければ自然と減らしていけますよ。

スポンサーリンク

断捨離する服が迷うなら?

断捨離で迷いやすい理由が、服に対してどのような感情があるかですよね。

いつも着ている服は今は手放さなくても良いですよね。

久しぶりに手に取った服はあの頃の事を思い出す過去だったり、これから着るかもしれないの未来を見据える為かでとても迷ってしまいますよね。

けど、過去は戻ってきませんし、未来だって実際にそうなるとは限らないもの。

だったら、今着てる服のみに囲まれた楽しい生活、気楽な生活をしてみるのは有りですよ。

迷う服で何日も何カ月も何年も悩むなら、むしろ迷わない服のみを残して暮らしてくのも有りですし。

もし、今手放して後悔するかも?と悩むなら、悩む衣類を見えないところに隠してしまえばいいのです。

隠すことで存在を忘れられますしね。

また、いざ手放したときは後悔するかもしれませんが、もう悩まなくてすむので手放した衣服に対して迷う気持ちが一つ消えます。

仮に、ああ断捨離しちゃって困ったと、やっぱり残せば良かったなどの思いが出てきたとします。

手元にないからガッカリしたり慌てますが、大体あるいは90%位はあるもので何とかなったりします。

それに姉妹や兄弟、親、知り合いに借りたりもできるのでまた買わなくても良くなる事が私自身割と多いです。

迷ったり悩む、又は唸る位ならそれらから開放された自分を選びたいですね。

これらに費やす時間を過ごすよりも他の楽しい事に少しずつ目を向けていけるように、まずは迷いを一つずつ失くしていけるように心掛けていければと考えてます。

まとめ

日々着る服のみ手元にあると悩むものが無くてすみますよね。

そんな服のみあると後々管理が楽ですし、悩んだ時間もきっと後々思い出になるものです。

物目線から人目線に変われるように一つでも何かキッカケができればいいですね。

また、衣類を片付ける際の決め方や処分する上での手順も知っておくとより服を断捨離しやすいです。

こちらの記事を参考にしてみてください。

⇒片付ける衣類の決め方や手順の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA