葬式で使う香典っていくら包むの?お札の入れ方に決まりはあるの?


突然起こるお悔やみで香典を用意することってありますよね。

香典に書く際に悩むものの一つが金額で、夫の知り合いだとどの位包めばいいのか悩みますよね。

そこで、袋へ包む金額と、中袋なしの場合のお札の入れ方についても体験談を交えながら合わせてお伝えします。

スポンサーリンク

葬式の香典で知り合いの場合はいくら包めばいいの?

葬式に持参する香典は、夫の知り合いの場合、3000〜10000円が目安になります。

これはどの位の知り合いかにもよりますが。

旦那が、親の知り合いで親しかった人が亡くなったときには、5000円を包みました。

また、親の知り合いで、そこまで接点はなかった人には3000円でしたね。

親の姉の旦那さんなら1万円でしたし。

ちなみに余談なんですけど、、、

私はそこまで関わりはないけど、接点はあった人や遠い親戚には2000円包んだことがあります。

この目安は、実家の母とも知り合いの人だったんですけど、母に相談した際に私との関係性を考えて、金額を確認して、この位包みました。

よくよく考えると、知り合いの度合いと地域又は住んでる場所によっても金額が変わってきます。

なので、こういう事を考慮して、お悔やみなどの弔事は、念のため親に金額の確認をしてみるといいですね。

ちなみに、私は毎回金額がいくらか迷う際には、適当に入れては相手に失礼なので、必ず義母や母に聞くようにしてます。

また、金額を書く際に、熨斗(のし)袋への書き方って迷いますよね。

こちらに、中袋なしで香典への書き方で金額について載ってるので、参考にしてみてください。

⇒香典の中袋なしの金額の書き方の記事は、こちら

スポンサーリンク

葬式の香典のお札の入れ方って ?

香典へのお札を入れ方は、中袋無しの場合、肖像画が裏側の下向きになるようにします。

つまり、入れ方として、肖像画を裏返してからのし袋へ入れるようになります。

お札の人物が香典の表向きになってしまうと、袋から出したときにお祝いすることになってしまいます。

葬式=悲しみですよね。

亡くなったことは悲しいけど、故人に涙を見せないように顔を伏せる、相手をそっと見送るという意味があると考えてます。

なので、お札の裏側をのし袋の表側にすると、私は考えてます。

お金を何枚か入れる場合は向きを揃える

余談になりますが、香典袋へ入れる際に気にしてることなんですけど、知り合いでも一万円札や五千円札を渡すとは限らないですよね。

2枚以上の場合、香典袋へ入れる際には、お札の向きを揃えましょう。

向きが適当だと、袋を開けて出した際に適当に入れたのかな?と相手に思われます。

お金はなるべく新札でない物を入れよう

またまた余談になりますが、入れる際にこれはやめた方がいいことや気をつけた方がいいなと私が感じたことを書きますね。

葬式など、お悔やみの場合は、新札ではなくてシワのある物を入れるようにしてください。

新札だと、受け取った方はいかにも用意してあったのではと考えてしまうので、避けましょうね。

また、ピン札でも1,2回折ってある物なら相手も気にならないと思うし、私自身、言われたことがないです。

なので、急で、手元にピン札しか持ってない場合は、折って入れてください。

お金はシワのある物をと先程書きましたが、シワシワ過ぎたり、破れてる、汚いなど渡すにはちょっとというような物は止めてくださいね。

その場合、頂いた方は急いで包んだように感じたり、礼儀として、包んだ方の事を疑ってしまうなんて思われてしまいますしね。

あくまでもマナーや常識を考えて、汚すぎず、新札でない物を用意してください。

まとめ

突然起こる葬式に、慌てないよう、自分と故人との関係を確認しながら金額を決めて、中袋無しにお札を入れる際には、最低限の礼儀を守りつつ、持参してくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最近のコメント
    最近のコメント
      • このエントリーをはてなブックマークに追加
      関連コンテンツ
      スポンサーリンク
      最近のコメント

        コメントをどうぞ

        メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

        CAPTCHA