バレンタインに手作りで簡単で大量に作るが失敗談とは

手作り バレンタイン
バレンタインには手作りする人もいますが、いつも自分のために頑張ってる人にこの日に何か送りたいですよね。

どんな物なら喜んでくれるのか毎年悩みますが、お菓子作りはほぼ初心者の私が手作りして喜んだ物や失敗談など、体験談を基にご紹介します。

スポンサーリンク

バレンタインに手作りで作れる簡単なものとは?

チョコブラウニーは材料を混ぜて容器に入れてオーブンで15〜20分位焼くとふっくらするので出来上がります。

焼く前の作業時間は20分位で遅すぎるかもしれませんが、初心者の私には上出来です。

クッキーも作ってみましたがブラウニーの方が材料も少ないため簡単に作れます。

よく料理サイトを見ますが簡単にできると書かれてるのがいくつかあって、見ると色々材料を使うものが多く初心者には難しいです。

探すなら材料と作り方がシンプルな物がやりやすいです。

ブラウニーを作る上で、たまに混ぜてて固まるときがあります。

そのまま容器に入れると膨らみが甘いので、正確に量ってから混ぜないと失敗するにも関わらず、めんどくさくて適当に作ってるうちにアレ?と焦ることはあります。

失敗を糧に何回か繰り返し作ると慣れて上手くいき、味やトッピングを1回毎に変えたりできるのでアレンジも増えていきます。

バレンタインに手作りで大量に作るには?

トリュフも材料はシンプルですので、全部混ぜて丸めて粉を掛けるだけでできます。

私の場合は分量を量りやカップやスプーンなどでしっかり量ることができてないと妹に指摘されたので、お菓子作りの得意な妹と一緒に作ってみました。

固まる前までの作業時間は40分位で、遅いかもしれませんが、初めてで慎重に作ると1人分の材料で5個は軽く作れます。

量は少ないかもしれませんが、普段お菓子を作らない私にとっては多いように感じ、人数が多い程材料も増えるけどその分多く作れます。

スポンサーリンク

均等の大きさに作っても気づいたら2人分なら12個、3人分なら18個と作れましたが、節約し過ぎなのかもしれないので作りながら調節しましょう。

バレンタインでの失敗談は?

分量を正確に量らないこと事が仇となるので、私は大雑把で適当に作ると固まらなかったりしっかり混ざらないときもあったため、出来上がりは何とも言えません。

初心者だから失敗しないためにも分量を量ることは大切なので、できるだけレシピの分量を見ながら意識してください。

また、湯煎の意味を知ってなければお湯と混ぜると薄くなるので、事前に確認しなかったことが仇となり結局食べられなかったです。

私みたいにやる事はないと思いますが、作る上で気を付けることやポイントを事前に調べておくことが1番上手くいく方法です。

今も大雑把ですけど量ることを毎回忘れずに繰り返し作ると年々上手くなってるので、初心者程、適当に作らないようにしましょう。

作る上で重要なのは味見も忘れてはなりません。

1回で上手くいく訳がないのにしないのは作る事を甘く見てますから、時々これでいいのか確認して、都度調節していき好みの味にしましょう。

はじめの頃はこれができてなかったので、当日が近づいてくると旦那にうんざりされてしまいます。

味次第で次も食べたくなるか決まるので何回も繰り返して当日渡しましょう。

ただし、材料費がかさむので試食を兼ねて少ない量で何回か作れば気になりません。

作ったら何人かで食べて評価してもらうのも有りですから、家族や友人とおやつや食後に食べてください。

まとめ

簡単なお菓子でも適当で前もって作り方や作る上でのポイントを調べなければお菓子も無駄になります。

味見も途中で何回もしなければできてから食べる気がなくなるので、事前準備をして一回作っておくと当日は上手くいきます。

失敗は成功の元ではないけど、相手の喜ぶ顔が見たいなら分量は守りつつ経験を増やしていくことが大事ですね。

⇒ 手作りの関連記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA