寒中見舞いが喪中なら年末には出せるの?文例やはがきの種類とは

牡丹
お悔み事とはいつ起きるのか分からないし、寒中見舞いで出したいけど年末にお知らせしてもいいのか悩みますよね。

そこで、年末の場合や文例と出すときのはがきの種類について確認しましょう。

スポンサーリンク

寒中見舞いが喪中の場合、年末でも出せるの?

年末間際に出すのは可能ですけど、受け取った側からすると急いで出したように思ってしまいます。

相手は喪中とは知らずに年賀状を出してることが多いので、年末直後や間際に届いても困ってしまいます。

実際に友達から年末に届いたときがありまして、事前に連絡はそれとなくありましたが、やはり出した後でしたので気まずかったです。

もしかしたら、喪中が年末だったからそれとなく伝えたのでは?とふと思いましたが、伝える際には相手の事を考えて落ち着いた時期に送るといいですね。

寒中見舞いが喪中の場合の文例で年末の場合は?

喪中ですからおめでたい言葉は避けて、出す際にはいただいたお礼や寒中見舞いとして出した理由又は年賀状を控えた理由を書いてください。

裏面は縦書きにすると見やすいので、はじめに、寒中お見舞い申し上げますと分かりやすいように少し大きく書いてください。

次に、少し小さめに文面を書きます。

スポンサーリンク

このたびは初春のご挨拶有難うございました
昨年12月に〇〇が他界し 服喪中のため年頭のご挨拶を控えさせていただきました
皆様お元気で越年されたことと存じ上げます
厳しい寒さの折から お体をご自愛のほどお祈り申し上げます
平成〇〇年1月

私はこのような文で送ったことがありまして、文例ですので似た感じに送ってみてください。

句読点をつけるなら送る人は考えよう

寒中見舞いのようにお詫びを知らせる挨拶状には、句点や読点をつけることで読みやすいように感じますが、弔事の場合はつけないのが一般的です。

自分はつけることで読みやすいですけど、相手はそこにつけたことで読みやすいとは限らないし、目上の方に送る場合はつけないことが相手への敬意を表します。

もしつけて送るなら礼儀にさほどこだわってない人にならつけても構わないですけど、書き方は他の方と別にしましょう。

喪中のはがきの種類は?

寒中見舞いはお悔み事を知らせるものではなくて、相手の健康を気遣ったり年賀状を出せなかったときに返信として出す季節の挨拶状です。

喪中はがき専用のものはないので普通はがきを使用しましょう。

普通はがきには胡蝶蘭があらかじめプリントされています。

緑と青の2種類があるので、送るのはどちらでも構いませんし、私は送るときには大抵緑が送りやすいので緑を使ってます。

まとめ

喪中のお知らせを寒中見舞いとして出す場合は年末は避けて、書き方は簡潔にして最低限守れば受け取る人に分かってもらえます。

年末でも慌てずに時期をみて落ち着いて伝えられるといいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA