確定申告の医療費控除の領収書 紛失したりコピーや返却の場合は

医療費領収書
確定申告の時期がくると申告できるものに医療費控除があります。

一定の金額に達すれば申告できるけど、計算してるときに領収書が無い場合はどうすればいいのか悩みますよね。

また、領収書のコピーの提出も可能なのか気になりますよね。

そこで、紛失した場合やコピーは大丈夫なのか、そして、申告したら返却されるのか確認しましょう。

スポンサーリンク

確定申告に出す医療費控除の領収書を紛失したら?

領収書を紛失した場合は手元にあるものしか申告できませんし、あったことを伝えても本人以外は知らないので、当日まで無くさないように気を付けてください。

以前、確定申告の際に税理士さんに確認しましたが、無くした場合は含みませんと教わりました。

ちなみに、領収書には再発行できませんので無くさないように保管してくださいと記載されてるので、ほとんどの病院では発行してもらえないので無くさないように気を付けましょう。

支払い証明書を発行できるか確認しよう

領収書を紛失しても無い月日と病院など分かるなら支払い証明を発行できるところもあるので、事前に問い合わせて確認してみてください。

支払い証明書を貰えなかった場合は年間の医療費を日頃からメモしているなら、年月日、支払った人(家族)の氏名、病院名、支払い金額などを正確に記入しましょう。

スポンサーリンク

正確に明細を書くことで医療費として確定申告で認めてもらえることもあります。

確定申告の医療費控除で出す領収書はコピーは使えるの?

原本は申告の際の証明書になりますから、コピーは使いまわす可能性や不正使用、重複などありますから認めてもらえません。

何年か前に両方持っていきましたが、原本が必要と税理士さんが話してたのでコピーだけ持ち帰り、以後原本を提出するようにしました。

原本とコピーの両方見せれば確実に分かってもらえるので、心配な場合は事前に枚数が多い少ないに限らずコピーしておくといいですね。

確定申告に出した医療費控除の領収書は返却してもらえるの?

何年か前までは申告後に領収書が必要な場合でも提出すると返ってきませんでした。

けど、ここ数年は申告済の印鑑を領収書に押して終わった後は源泉徴収票と申告書以外は返ってきますし、押さずに専用の封筒へ入れて持ち帰ることもあります。

これも税理士さんに確認したところ、最近は自宅保管に変わったので提出はしなくなりましたと教わりました。

ただし、返ってこない場合もありますから、申告前に税理士さんに確認する、領収書の返却希望を伝える、事前に書面で希望理由を記入しておくなどの対策をしておくといいですね。

まとめ

領収書の紛失は確定申告までしないように気を付けて、コピーは提出できないので原本を持参してください。

返却はできるときもありますが事前確認をするとより安心するので、確定申告が終わるまでは大切に手元に保管してください。

⇒ 医療費控除の関連記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA