友チョコは手作りと市販ならどっちがいいの?おすすめや嫌な場合は

友チョコ

バレンタインになると友チョコを気軽に贈り合いますよね。

初めて渡す場合は手作りでいいのかな?市販でいいのかな?と迷いますし、中には友チョコを嫌がる人もいるので悩みますよね。

そこで、手作りと市販ならどちらがいいか、手作りならおすすめは何か、貰うのが嫌な場合など確認しましょう。

スポンサーリンク

友チョコは手作りと市販ならどちらがいいの?

友チョコは日頃の感謝の印として贈るもので、本命と違って気軽に渡せるので手作りの方が喜ばれます。

手作りの場合は同じ物を作る人はあまりいないし、自分の作れそうな簡単な物でも相手は喜びますよ。

妹は毎年友達に渡してますが、年々可愛らしい物になっていて相手に合わせてトッピングを変えてます。

市販の場合は作って失敗したときの予備として考えて、その際には豪華すぎると引く場合があるので無難なものを選びましょう。

友チョコを手作りする場合のおすすめは?

手作りの場合、トリュフ、ブラウニー、マフィンやクッキーは材料が少なくて作り方が簡単なので、たくさん作ってみてその中で上手くいったものを贈ってください。

中はチョコやトッピングなど誰でも好きそうなものにするとより喜ばれます。

スポンサーリンク

好みにもよりますが、チョコやバニラ、ストロベリーなどいろんな種類のものを食べたい場合もあるので何種類か作ってもいいでしょう。

妹はトリュフを作りますが、見るとパウダー入りと無しの両方や上からまぶすものが作られていて見栄えが可愛いです。

人にあげるので初めての場合は上手くいくとは限りませんから、練習としてたくさんではなく一人分を何回か作って家族に毎回試食してもらいましょう。

感想を聞きながら何度か試行錯誤して決めてください。

私は1度チョコブラウニーを友人にプレゼントしましたが、心配だったので本番前に2回作りました。

作るたびに膨らみが出てきたので試作品を2回作って良かったけど、トッピングまで考えてなかったのでシンプルでしたが喜んで食べてもらえました。

友チョコを手作りで渡されるのは嫌な人もいるの?

大半の人は自分のために作ってくれたものなので、有難く思って受け取りますし喜んでくれます。

中には友チョコ自体好きではない人もいるので、もしあげるなら事前にそれとなく確認しましょう。

もし、確認せずに渡すと困った顔をしますし、貰う人は大抵お返しの事を考えるものです。

自分だったらいきなり貰うのはどうかなと相手の立場に立って考えてみるといいですね。

まとめ

大半の人は手作りを喜びますが苦手だったり嫌な人もいるので、事前に聞くことも大切です。

気軽に渡せる友チョコですけど、相手にも良いものと思ってもらえるように贈れると良いですね。

⇒ 友チョコの関連記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA