冷え性を改善するために手軽で食事と飲み物で行う方法とは

%e5%86%b7%e3%81%88%e6%80%a7%e5%a5%b3%e6%80%a7

冬になると冷え性に悩み、家の中や外にいても体中が冷えて動くのが辛いもので、手軽にできる方法がないかと悩んだことはないですか?

そこで、手軽にできて食事と飲み物も摂取する方法を確認しましょう。

スポンサーリンク

冷え性を改善するために手軽にできることは?

基礎代謝や筋肉量を上げると自然と冷え性が改善されるので、腹式呼吸を毎日20~30分位行うことで効果が出ますが、ひたすらやるのは中々続かないので何かをしながら意識して行えばできるようになります。

やらなきゃと思うと強制的になるので気づいたときに呼吸してみてください。

実際に腹式呼吸をしてたときには意識するよりもながら作業の方が効率良いように感じ、今日はどの位やっていたかな?と思うこともありました。

ストレッチはお風呂の後や寝る前などにすると手足はしばらく温かいままですし、筋トレは手で持てるダンベルを使ったことがありますけど意外に重いので続けていくうちに自然と筋肉がつきましたね。

ラジオ体操は全身の運動になり本気を出してやるほど終わった後は体がポカポカしてますから、続けると基礎代謝が上がります。

これらは冷えを感じるときにながら作業のように行うと苦痛に感じないです。

首のつく場所は冷えやすいですから、襟付きのインナーやトップスを着たりマフラーを巻く、靴下はふくらはぎまで穿けるもので保温効果のある物にすると熱を逃がしません。

冷え性を改善する食事は?

夏野菜と夏の果物や砂糖などは体を冷やすので、できるだけ摂らないようにして特に甘いものには砂糖が多いので気を付けてください。

スポンサーリンク

大根やごぼうなどの根菜、玉ねぎ、生姜、味噌などは体を温める効果があるので食べるように心掛け、野菜はシチューや鍋にして煮込んだり蒸して食べたり、味噌汁や豚汁なら具沢山なので寒い日に飲むと温まります。

冬の定番でもあるシチューや鍋は何日も食べれるので作るときには大抵1日おきにしたりたまに豚汁にしてますが、入れる具が決まってくると飽きやすいので、玉ねぎを人参に替えたり根菜は抜きで玉ねぎを多めにすると何日も食べられます。

冬に食べるお汁粉には小豆が入っていて温める効果があるので、おやつや食後に最適ですが小豆を粒あんにすればぜんざいになります。

生姜は蜂蜜漬けにしたり鍋に入れるといいですけど、辛味があるので食べる場合は量を加減したり先に火を通してから食材を煮込むと風味が出ます。

食べるのが辛い場合は味が具に沁み込んでいるので、我が家では香りを楽しみつつ食べることはほとんどありません。

冷え性を改善する飲み物は?

腸が冷えると体中が冷えやすくなるので、冷たい飲みものを飲むのは避け、がぶ飲みや氷を飲むのも気を付けてください。

私はたまに冷た過ぎてそのまま飲むとすぐに冷えてしまい、急いでない限りは時間をかけて常温にしています。

この時期はお腹が冷えやすいので一工夫は必要ですね。

お茶類を飲むなら常温にしたり温めるといいですけど、私はレンジで温めるとすぐに冷めてしまうのでお湯を一緒に入れて飲むようにしてたり、お茶以外に体を温める白湯をいつも飲んでます。

飲んだときにほっとできるので慌ただしいときの休憩がてらに飲むのに最適です。

お風呂上がりにはお湯に生姜と蜂蜜を混ぜると辛味と甘さがちょうど良く、生姜が苦手ならハーブティーも効果があります。

黒砂糖も蜂蜜同様に温まるので、試したいときには生姜と混ぜてみてください。

ビタミンCの多い柑橘類は冷えに効果があるので、搾ったり小さく切って蜂蜜と混ぜてお湯で飲むと美味しくて時々食後に飲んだりしてます。

まとめ

手軽に気軽にできるものは色々ありますから、普段の生活に取り入れることで冷え性は改善されるので、できることから始めてみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA