書き初めの言葉 5文字や4文字と2文字はどのようなものがあるの?

書き初め

中学生の冬休みの宿題に書き初めはありますが、どういう言葉を書いたらいいのか迷い、文字数も決まってなければ余計に悩みます。

そんなときに親としてはどう伝えたらいいのか、5文字や4文字と2文字で書きやすい言葉についてご紹介します。

スポンサーリンク

書き初めの言葉で5文字は?

羽ばたく夢や未来よ輝け、信念を貫く、大望を抱く、理想の実現は夢や目標に関連するので新年に書くには良い言葉です。

これらは気持ち新たにスタートする意味があり名言にもなってます。

羽ばたく夢や未来よ輝けは、今は苦しくても信じることで叶うので努力して得るために励ましの言葉として使われます。

為せば成るも頑張ることや努力すれば叶うことで、為せば成る心配ないさのように落ち込んだときに言っていて励ます意味もありますよね。

美しい友情や個性の尊重は、人や気持ちに関連していて集団生活の中で友達と一緒に学ぶことで得ることはあります。

この2つの言葉は個性を大切にすると将来の夢にもつながるため素敵な言葉です。

旅立ちの朝は新たに始まることを伝えてるので、前向きになる言葉として書きやすいですね。

書き初めの言葉で4文字は?

一念発起、初志貫徹、有言実行や正々堂々で共通してることは、決心したことに対して最後まで立ち向かう意味があるので、目標を持ってるときにこの言葉は使うことがあります。

一念発起は新しいことを始めるときに、正々堂々は運動会の誓いの言葉や勝負するときに使ってるので挑戦したいことがあれば書いてみましょう。

一期一会や人との絆は1日が過ぎるのはあっという間で毎日何があるか分かりません。

1日1日や人との出会いを大切にする意味で書いてる人を見かけたことがあります。

スポンサーリンク

謹賀新年や新春来福はお正月にちなんだ言葉で、謹賀新年は年賀状に書かれていて私は先生に送るときによく使ってます。

大義名分や奇想天外、冷静沈着も同様に書き初めでは書かれています。

思いやり(温柔敦厚)や強い意志、素直な心のように気持ちを書くのも有りですし最終的には書きたいものを書くのが1番です。

書きたいものがたくさんあればその中から1番今の自分に近いものにしてもいいですね。

書き初めの言葉で2文字は?

元旦、賀正、初夢はお正月にちなんでいて、特に賀正は先生や上司が年賀状に書いていて私も毎年それで届きますし、書き初めで書く人も多いですね。

初夢は見る人もいれば見ないままお正月が終わることもありますよね。

私はここ数年は見た覚えがありませんが良い夢でもそうでなくてももし夢を見たなら書いてみるのも有りです。

春風や月光は自然に関連しているので綺麗な印象があり、特に月光はいろんな場面で使われてるので耳にしたことも多いです。

春風は春を暖かく迎える意味があるので、この時期が早く過ぎて欲しいときに使います。

感謝は何かしてもらったときや有難いと思ったときによく使う言葉ですから、改めて伝えたいと思えば書いてみてください。

希望と無限は可能性を秘めてるので、信じてみたいことがあるときには良い言葉です。

努力と挑戦は何事にも挑む言葉で、達成するまで勉強や練習するための励みになり何もしなければ変わらないという意味があります。

この二語は努力なしでは敵わないと聞く位素晴らしい言葉ですけど、この言葉を嫌な人もいますから人それぞれです。

もし、これから何かを達成したいときに使ってみてください。

まとめ

書き初めはめんどくさいと思われがちですが気合を入れる意味でも素晴らしい行事です。

前向きになる言葉や思ったこと、気持ちなどが書きやすいので、お子さんが悩んでるときにはアドバイスをしてみてください。

⇒ 書き初めの5文字の関連記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA