熱中症で子供がスポーツでならない方法は?予防と対策できることとは


夏に起こりやすい熱中症はいつどんなときになるか分からないですよね。

お子さんが夏場にスポーツをする場合、もしなってしまったらと考えるとお子さんを熱中症から守りたいですよね。

そこで、おこさんがスポーツをするときにできる予防と対策についてお伝えします。

スポンサーリンク

熱中症を防ぐために子供がスポーツをするときにできることは?

スポーツをする前には熱中症にならないように水分補給を忘れずにして、最低コップ一杯の水を飲んでから始めましょう。

スポーツの合間には体温が上がりやすいので、頭を水で濡らしたり水分補給をして体を冷やすようにしてください。

スポーツをするときには塩分を摂ることでエネルギー不足を補えて熱中症にならずにすみます。

塩、昆布、梅干しなどの塩分の入った手軽に食べやすいおにぎりをお子さんに食べさせてみてください。

この時期にスポーツを行うときには喉が渇きやすく水分補給をしがちで食欲がなくなりやすいです。

お子さんが熱中症にならないようにバナナ、レモンの蜂蜜漬け、スイカなども食べやすいのでこれらを摂ってみてください。

食欲がない影響で朝ごはんを食べなかったりパンのみになりがちですが、エネルギー不足で熱中症にならないためにも必ず食べさせてください。


スポンサーリンク

熱中症を防ぐために子供に予防できることは?

始まる前や休憩中、喉が渇く前など飲み物を小まめに飲むと熱中症にならずにすみます。

水よりもミネラルの多い麦茶、スポーツドリンクの方が体に吸収されやすいです。

お子さんが長時間、外で過ごす場合は最低1Lは飲ませるようにすると熱中症予防になります。

水分を摂る際には塩分は0.1~0.2%は摂ると水分が体内に吸収されます。

麦茶1Lには塩を1,2gを、スポーツドリンクは2,3倍薄めて香る程度にして塩と蜂蜜を1g程混ぜて飲ませてください。

お子さんがレモンを普段から食べてる場合は、蜂蜜の代わりに薄く輪切りにしてスポーツドリンクと一緒に摂ってください。

梅干しも塩分があるので麦茶と一緒に摂るといいでしょう。

お子さんが梅干しを好んで食べるなら、麦茶1Lに梅干し1個を持たせて麦茶を飲むときに一緒に食べさせてください。

飲み物は冷やしすぎたり一気に飲み過ぎると体力を消耗しやすくそれだけでお腹が溜まりやすくなります。

熱中症予防のために少し冷たい程度にして少しずつ飲むようにしましょう。

熱中症を防ぐために子供に対策できることは?

休憩や始まる前などはできるだけ体温を上げ過ぎないように対策として日陰で過ごすようにしてください。

帽子は被ることで頭に太陽の光が当たらず日陰の状態になるので熱中症を防げます。

お子さんが被ることができるなら、通気性の良いものでつばのあるものは熱がこもりにくいです。

上着やインナーは発汗しやすい素材にすると汗でベトつきにくいので着させてください。

夏場は汗をかきやすいので、お子さんが良ければ予備として着替えを持たせるといいでしょう。

休憩中や終わった後は冷たいものを熱がこもりやすい頭、首や首の後ろやうなじ、手足などに当てるようにして体温を下げるようにしましょう。

部位に当てるときには、保冷剤や凍ってるペットボトルなどはタオルやハンカチを巻いてください。

また、水で濡らしたタオルやハンカチを巻いても熱冷ましになります。

まとめ

水分補給を小まめに摂ったり熱を下げるように工夫するなど、できることをしてお子さんを熱中症から守りましょう。

また、小さいお子さんも連れて行かなければならないときってありますよね。

そんなときにはこちらを参考にしてみてください。

⇒幼児の熱中症対策の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA