花火大会で持っていくものは?男性が浴衣のときの持ち物で便利なものとは


花火大会に彼女と浴衣で行く事は決まってるけど、男性の場合、何を持っていったらいいのか悩みますよね。

彼女と会場で見るならあると便利なものは何か気になりますよね。

そこで、男性が持っていくと良いものや持ち物で便利なものをお伝えします。

スポンサーリンク

花火大会に男性が持っていくもので良いものは?

レジャーシートは彼女と座れる広さのものなら大き過ぎないものにしましょう。

座ってる時間が長いとお尻や腰が痛くなるので、1人が座れる軽めの座布団であれば折りたためるものを2人分持っていくといいですね。

扇子や団扇は夏の暑いときに仰げるのであれば彼女の分も持ってくと喜びます。

虫除けスプレーは座る場所が外だと蚊が多いのですし、痒み止めは浴衣なので蚊に刺されることがあるので持っていくといいですね。

どちらも荷物にならないように小さめなものにするとかさばりません。

懐中電灯は夜だと地面が見ずらいので持っていくと浴衣を着ている彼女も助かります。

ちなみに、旦那はいつも携帯型懐中電灯を花火大会に持っていきます。

必ず私の前を歩いて私が浴衣でも行きやすいような道を選んでくれてます。

お金は必要最低限持っていくようにすると万が一、何かあっても困りません。

タオルはこの時期暑くて汗をかくので拭けますし、男性の場合は浴衣でも首から掛けてるのは違和感を感じません。

ウェットティッシュは汗拭き用やベタベタしたときに拭けます。

また、女性もあると嬉しいと喜ぶ人もいるので女性も使えるタイプにするといいですね。

飲み物は冷凍したものを持っていくと暑くても冷たいまま飲めます。

食べ物は彼女と花火を見ながら片手で食べれるサンドイッチのような軽食があると花火を見ながら一緒に食べられます。

ビニール袋は食べ物や飲み物が入れられる大きさのものを1枚持っていきましょう。

会場にはゴミを捨てれるところはあってもすぐに見つかるとは限らないので最低1枚はあるとゴミが出たときに入れられます。

また、椅子がない代わりにビニール袋やタオルを折ればその上に座れます。

携帯電話やスマートフォンは連絡手段になるので持っていきましょう。

PasmoやSuica、切符は電車で会場まで行く場合は必要になるので持っていってください。


スポンサーリンク

花火大会の持ち物であると便利なものは?

絆創膏は彼女が下駄や草履が履き慣れてないと歩きづらくなるのであると便利です。

安全ピンやクリップは浴衣の袖が着崩れしたときの対策として使えます。

荷物は布バック、巾着袋、信玄袋、風呂敷などに入れると持ち運びができますし、荷物が増えたときに予備として持っていると使えます。

折り畳みの傘は雨が降ることもあるので1つあるといいですね。

夏の夜は肌寒いときがあるので羽織れるものがあると便利です。

携帯充電器は電池が切れる場合がありますし、雨が降ったときに携帯などが濡れないようにあらかじめ、ジップロックに入れておくと便利です。

冷却ジェルシートは暑いときに使えるので1つあると助かります。

花火大会のプログラムは食べ物を買う場合やトイレを利用するときに使えるので1枚あるといいですね。

また、トイレを利用する場合、トイレットペーパーがない場合があるのでポケットティッシュを持ってると便利です。

会場には昼間からいる場合は日焼けしないように日傘や帽子があると便利ですし彼女も助かります。

まとめ

男性が持っていくものは必要最低限と袋などに入れられる分の荷物を持っていくと浴衣でも邪魔になりません。

自分が持っていけそうなものを持参して彼女と花火大会を楽しんでください。

また、女性も浴衣で行くなら女性の持ち物についてこちらに載ってるので参考にしてみてください。

⇒ 女性の浴衣のときの持ち物の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA