結婚式に赤ちゃんが出席するときの配慮・おもてなしでできることとは?


結婚式に出席するゲストの中には、2,3ヵ月位の赤ちゃんが参加することってありますよね。


当日は、小さなゲストにも楽しんでもらいたいですよね。


では、赤ちゃんが出席する際にできる、配慮とおもてなしについてお伝えします。

スポンサーリンク

結婚式に赤ちゃんが出席する際の配慮は?

席は、扉近くやテーブルの外側にする
3ヵ月位の赤ちゃんが出席をする際は、赤ちゃんがグズったりしたときに、すぐに出やすいように、出入口に近い席や退席しやすい席にするといいですよ。


私の結婚式では、2ヵ月の赤ちゃんが出席しましたが、友達の希望もあって、席は出入口近くではなかったんですけど、ササっと退席しやすい席にしました。


当日は、グズったときに、その席のお陰でスムーズに移動もできてました。

赤ちゃんを寝かせられる物を用意する
ベビーベッド、ゆりかご、ベビーカーなどは、会場で準備できるか、
会場やブライダル専門のスタッフ(プランナー)に聞いてみるのもいいですね。


こちらも友達やスタッフと確認しましたが、

今挙げた中で、友達の希望に沿ったものがあれば、そちらを用意すると、当日は友達も子供にそんなに気にすることなく楽しめます。


ちなみに、友達が連れてきた2ヵ月の子は、ベビーカーで充分でしたし、
他の結婚式に参加したときにも、親族の方でベビーカーの子が大半でした。


後から分かりましたが、ベビーカーは、グズったときにすぐ外に連れて行けるので、ママはベッドやゆりかごよりも楽そうでした。


まだ、ママの近くにいれるので、グズる事は少ないようにも感じましたね。

スポンサーリンク


また、2,3ヵ月の子だと、時間によっては、授乳と被ることがあります。


こちらもママと相談しつつ、必要があればスタッフに聞いて、授乳室が用意できれば用意して、粉ミルクやお湯があればママも助かりますよ。

必要あれば、ベビーシッターの手配をする
赤ちゃんを見ながらの出席ですが、ベビーシッターがいると任せられるので、いた方がいいのか友達と相談して決めてみてください。

席の近くに喫煙者がいないような所にする
また、赤ちゃんにとってタバコの匂いは辛いですよね。


ママの席の近くに、喫煙者がいないように配慮して、
席を決める際に事前に確認しておくといいですね。

結婚式に赤ちゃんが出席する際のおもてなしは?

荷物置き場を用意できるようにする
赤ちゃんが出席すると、ママは荷物が多いので、荷物置き場があると助かりますよ。


ママに用意するものはないか、あらかじめ聞いておくと、当日助かったと思う人もいますしね。

授乳室やオモチャを用意できるようにしておく
リクエストするものがあれば、それで構いませんが、授乳室、クーハン、オモチャなど、人によっては必要になるので、こちらも聞いてみてもいいですよ。

オムツ替え場所は伝えておく
トイレや授乳室でオムツを替えることがあるので、替え場所を案内しておくと助かりますよ。


結婚式は、長くて3時間はかかるので、ママによっては、赤ちゃんのオムツを替えたい人もいますね。


出入口から披露宴会場まで距離があると、赤ちゃんがいる場合は、抱っこやベビーカーでの移動は意外とキツイものです。


その場合は、エレベーターの場所案内を事前だったり、受付の際にママに伝えると良いですね。

まとめ

赤ちゃんがグズってしまった場合、ママの席の位置やこちらで用意できるものなど、

あらかじめママに確認して、プランナーとも相談しながら、できる範囲で、配慮やおもてなしをしてみてください。

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA