冬至の由来で言葉の意味やかぼちゃを食べて柚子湯に入る理由とは

ca95c313b43193b7d472c4355c3496fa_s
冬になると日に日に寒さは増しますが、一番寒い日といわれてるのが冬至で、この日にかぼちゃを食べて柚子湯に入ることは行事のひとつとなってますよね。

そこで、冬至の由来やかぼちゃを食べることと柚子湯に入ることにどのような意味があるのかお伝えします。

スポンサーリンク

冬至の由来で言葉にはどんな意味があるの?

冬至とは一年で一番昼が短く夜が長い日で、この日は太陽の力が一番弱くなるため、寒さがもっとも強いことから生命の終わる時期といわれてます。

また、一陽来復の日、つまりこの日を境に徐々に太陽が復活していくともいわれています。

そんな寒い時期を乗り越えるために、この日にお湯に浸かることで一年間病気をせずに健康でいられるようにと冬至に願いが込められています。

ちなみに、お湯に浸かることで病気を治療することを湯治といい、冬至に湯治に浸かると治癒力が高まって健康でいられるので、祖父母がこの日が近づくと絶対に入りなさいと小さい頃によく言われました。

冬至の由来でなぜかぼちゃを食べるの?

冬至の日を過ぎると昼間が徐々に長くなっていくので太陽の力も徐々に復活していく、つまり運も上がっていくといわれてます。

スポンサーリンク

この日に運をつける「ん」のつく食べ物を食べることで運を盛るという縁起にもつながるんですね。

んのつく食べ物には冬至の七種がありまして、かぼちゃは漢字で南瓜(なんきん)と書くため七種に含まれてます。

かぼちゃにはビタミンAやカロチン、ミネラルなどたくさん含まれてて栄養豊富です。

野菜不足だった時代には特に冬の栄養を補うためや風邪の予防にも効果があるとされてたため、健康でいられるように食べていました。

私は毎年、冬至の時期には3食の内の1食はかぼちゃを煮付けや天ぷらにして食べています。

大好きな野菜が風邪予防につながると聞いてからもっと食べるようになりました。

冬至の由来で柚子湯に入るのはなぜ?

寒い冬に風邪を引かないように健康のまま乗り切るために入りますが、柚子には融通が利きますように!という願いが込められてる、つまり柚子に融通をかけているんですね。

この日にお湯に浸かることで一年の汚れを落とし清めることから、みそぎの日ともいいます。

柚子には血行を良くしてくれる成分を含んでいるので、柚子湯に浸かることで体が温まり湯冷めを防いでくれるので風邪予防につながります。

私は冬至に限らず、冬になると柚子湯に入るのですが、香りが好きで匂いを楽しんでいると気づいたら20分以上入ってることもあって、出た後はしばらく温かいです。

まとめ

1年で1番寒い日の冬至だからこそ、かぼちゃを食べて柚子湯に浸かることで健康になり、縁起が良いことにつながるので、2種類のパワーで寒い時期を乗り切りってくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA