掛川のシオーネにあるひまわりを見に行くなら、アクセス方法や駐車場も把握しておきたい!


掛川市にあるシオーネには、夏になるとひまわりが咲き、見る人を惹きつけてくれます。

では、ここのひまわりってどんな感じなのか、気になりませんか?


そこで、ひまわりをより楽しむために、日程、アクセス方法、駐車場、みどころについてお伝えしますね。

スポンサーリンク

シオーネのひまわりの日程

●見頃: 7月中旬~下旬
●時間:24時間
●会場
掛川市文化会館シオーネ西側「そよかぜ広場」

●アクセス方法
東名掛川I.C.から南へ約15分/東名菊川I.C.から南へ約20分

●トイレ
そよかぜ広場内にはないので、シオーネで借りてくださいね。

団体交流室の向かい、小ホールの隣に有り。
(オムツ交換台有り)

シオーネのひまわりの駐車場

●駐車料金:無料

そよかぜ広場の横(東側)に駐車スペース有り。
混雑時は、シオーネの駐車場(無料で210台)に駐車可能。

●シオーネの営業時間:9:00〜22:00

スポンサーリンク

シオーネのひまわりの概要

毎年7月中旬になると、シオーネ西側のそよかぜ広場で咲くひまわりは、シオーネに訪れた人を出迎えてくれます。

広場内のひまわりは約6万本咲き、赤、ピンク、白と様々な色があるので、見る人を楽しませてくれますよ。


夏のシンボルマークのひまわり。


広場一面のひまわりに囲まれて、時間を忘れる位のんびり過ごせますよ。

●住所: 静岡県掛川市大坂7373
●入園料金: 無料、摘み取り自由
●問い合わせ: シオーネ

※シオーネの休館日は、毎週月曜日(月曜日が祝日なら翌日)なので、問い合わせの際には注意してくださいね。

●電話番号: 0537-72-1234

ひまわりのみどころ

夏の暑い日差しの中、元気に咲き誇るひまわりは、広場を見渡す限りひまわり一色なので、遠くから見ても近くから見てても元気をもらえます。

背丈は1m前後〜2mと様々で、小さい子だと隠れてしまう程ですけど、ひまわり好きな子供なら喜んで広場を駆け回る程ですよ!

スポンサーリンク

オススメポイント

ひまわりの絨毯
そよかぜ広場の東側に、道路を挟んでシオーネがあるんですけど、シオーネ前に階段があって、そこから見るひまわり畑はお花の絨毯と思わせる程、綺麗です。

コスモスとのコラボが見れることもある
ひまわりの見ごろは7月中旬から下旬なんですけど、結構長く咲いてることがあるんですね。

中には10月まで咲いてるものもあるので、見つけられればひまわりとコスモスのコラボが見られますよ!

これだけは持っていきたい便利な持ち物

●日傘
この時期は暑いし、太陽の光は眩しいので、日傘は必須ですね。

ただ、通り道が狭いので、持ち歩きの際には気をつけてくださいね。

●帽子
子供と一緒に行くなら、これは欲しいですよね。

小さい子って走り回るし、気づいたら頭が熱くなってることも・・・


日射病を防ぐためにも是非被らせてくださいね!

●飲み物
外に出てる時間が長いと、喉が乾くし、この時期の暑さはハンパないですよね。

特に、子供は遊びに夢中になってて、飲まないこともあるので、必ず水分補給はさせましょうね!


あと、凍らせてから持っていけば、もし、顔が火照ったときのクールダウンにもなりますよ。

●タオル
夏はちょっと動くと汗が出るので、タオルは必須ですね!

小さい子や赤ちゃんがいる場合は、肌が弱いので濡れたガーゼを持ってくと安心です。

●バケツ
ひまわりを摘んで帰る人もいるので、入れ物として、バケツがあると良いですね。

●ハサミ
ひまわりの持ち帰りはできるので、手では取りにくいのでハサミも欲しいですね。

まとめ

シオーネ前のそよかぜ広場から来た人を出迎えてくれるひまわりは、見て楽しみながら過ごせるので、夏になったら、一度足を運んでみてくださいね。


合わせて読みたい記事
シオーネからも近い掛川市にある桜の綺麗な公園やオススメスポット
掛川のシオーネで咲く菜の花情報
掛川のシオーネで咲くコスモス情報

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA