静岡駅周辺にある青葉シンボルロードのイルミネーションへは、場所も事前に把握して見に行くべし!


毎年冬近くになると、静岡駅周辺ではイルミネーションが点灯されます。

市内でも特に有名なのが、青葉シンボルロードで、冬になるとイルミネーションがライトアップされて、これを目当てに訪れる家族もいる程。


では、ここのイルミネーションってどんな感じなのか、気になりますよね。


そこで、青葉シンボルロードでイルミネーションを楽しむために、特徴、場所情報やみどころなど、詳しくお伝えしますね。

スポンサーリンク

静岡駅周辺の青葉シンボルロードのイルミネーションの特徴

静岡市の青葉シンボルロードでは、冬になると約22万球の電飾によるイルミネーションが灯り、街は綺麗で華やかに彩られます。

このシンボルロードは、毎年、テーマに沿ったイルミネーションが行われ、家族連れなど、多く人が訪れる位です。

●点灯時間:16:30〜22:00

※12月14日〜1月16日までは24:00まで点灯

青葉シンボルロードのイルミネーションのみどころ

ここに来ると少しは歩きたくなる
ここのイルミネーションは、葵スクエアから常磐公園まで約500mあって、道いっぱいに続いてるので、光の並木道とも言われる程です。

光の色合いはシンプルだけど、明る過ぎないので、ここに来ると何となく歩きたくなってしまう人も多いですよ。

大人から子供まで家族で楽しめる
青葉シンボルロードは、500mと長い距離で、葵スクエアから常磐公園までは並木道になってるので、小さい子と散歩できます。

イルミネーションは、可愛いものや綺麗なものなどがあって、歩きつつ観ながら楽しむこともできますよ。

デザインやカラーが毎年違う
毎年テーマが決まってて、それに沿ったデザインやカラーが点灯されるので、楽しみにしてる人もいますね。

点灯式目当てに来る人もいる位です。

座って観ながら楽しめる
ここでは、所々にベンチがあるので、疲れたりゆっくり観たい時には、座ることができますよ。

写真も撮ることができる
シンボルロードの通路幅は広くなってるので、混雑しすぎなければ写真も撮れます。

あると便利な持ち物

●羽織もの
イルミネーションの時期は秋から冬なので、夜は特に冷えやすいので、ストールやブランケットなどの羽織りものがあると安心です。

●カイロ
時期的に外に出てると寒いので、幼児や赤ちゃん、子供などの体が冷えないよう、カイロを持参しておくと良いですよ。

スポンサーリンク

青葉シンボルロードのイルミネーションの場所情報

●点灯場所
青葉シンボルロード青葉イベント広場(葵スクエア)、常磐公園
●開催場所
静岡県静岡市葵区呉服町、両替町、常磐町

●開催期間:2018年11月16日〜2019年1月31日

●入場券:無し(無料)

●アクセス方法
東名静岡I.C.から車で北へ約10分

●トイレ
⚫︎青葉シンボルロード内に有り(キルフェボン静岡と三保原屋LOFT店の近く)。

⚫︎葵スクエアの近くの場合は、近くにセブン有り。(ふしみや本店の呉服町通り側に有り)

⚫︎常盤公園の近くの場合は、公園内に有り。(駿河町通りの近くに有り)

●問い合わせ
I Love静岡協議会(054-252-7720)

まとめ

青葉シンボルロードのイルミネーションは、見ごたえもあって家族でゆっくり楽しめるので、一度足を運んでみてくださいね。


合わせて読みたい記事

青葉シンボルロード専用の駐車場や周辺の駐車場情報

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA