左利きの字がなぜ下手になるの?汚い理由とコツをつかんで書くなら?

左利きと鉛筆
左利きだと字を書く時にどうしても下手になったり書いた後は汚かったりしますよね。

人よりも下手で困る、どうしよう!なんて思ったことはないですか?


そこで、私が左利きで字を書くときの体験談を基にご紹介します。

スポンサーリンク

左利きの字が下手なのは?

私が普段書いてて気づいた下手な原因はいくつかあります。

指に力を入れ過ぎる

字の書き順は右利き用になってるので左利きにとっては書きづらいですよね。

上手く書こうとすれば手に力は入るし、早く書こうとすると指に力が入って余計に下手になります。

書く際の手とノートの位置

文字はノートや紙に書いてると手で隠れてしまうので、見やすいようにノートなどを斜めにして書きますよね。


書き終わった後にノートの位置を戻すと字が真っ直ぐではないので、はたから見ると下手に見えてしまいます。


私はこれに気づいたのが学生のときだったんですね。


黒板に書いてあることをノートに写してたんですけど、がむしゃらに急いで書く癖があったので、書くたびに斜めにしていました。


終わった後には30度位斜め右上に書いてて、下手過ぎて読みにくくて急いで書き直した記憶があります。

左利きの字が汚いのはなぜ?

左利きの場合は、紙に書く時に、右側から書けばそれなりに綺麗かもしれません。

けど、横書きだと、左から書く字が擦れてしまうので、汚く見えてしまうんですよね。

汚い最大の原因

  • 書く時に手の側面を紙につける

私自身、これはクセになってて。

そのせいで字がにじんでしまうし、上手く書けても、何て書いてあるのか分からないので、余計汚く見えます。


シャープペンや鉛筆の芯の濃さが強い程、手の側面に移ってしまってそれが紙の上で擦れるんですよね。

結局、紙全体が真っ黒なんてこともよくありました。


また、インクのあるボールペンやマジックペンも同じようににじみますよね。

おかげで紙が真っ黒になったのは言うまでもありません。

スポンサーリンク

字を書くときのコツとは?

汚れないように工夫する

横書きの場合は、区切りのいいところや1行書いたらインクが乾いたことを確認してから、続きを書くと汚く見えませんよ。


ただ、この場合、乾く時間はかかりますが、これなら確実に汚れないです。


  • 書く際に心掛けたいこと

また、手の側面をつけないように、手を上げて書くように心掛けると汚さを防ぐことができます。

なので、慣れるまでは意識して書いてくださいね。

書く際は軸を揃える

左利きでも縦書きや横書きの際には、軸を揃えれば多少は読みやすくなりますよ。


以前、本屋さんで字の書き方の参考書を見たことがあって、書くポイントとして軸の事が載ってました。


帰宅後に、字を書く前に指で縦軸を意識して、書く際に確認しながら行うようにしたら見やすくなりましたね。

書く際には字を手で囲む

私は上から字を書くことはしないので、余計下手なんですけど、字を手で囲むように書くと上手く見えます。


実際に学生の頃、同じ左利きの子がこのように書いてたんですね。

よく見るとお手本のように綺麗でした。

字の大きさを意識する

字の大きさは意識すると上手に見えますよ。


  • 書くときのちょっとしたコツ

コツとしては、漢字はひらがなよりやや大きめに書くと読みやすくなります。


これも参考書で手本を見たときに普通に書くよりも見やすかったので、帰ってから書くと手本通りでした。

まとめ

字の下手さや汚さは手を気を付ければ気にならないので、書くときには意識してみてください。


合わせて読みたい記事
左利きの字が綺麗になるコツ
左利きのペンの持ち方

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA