招待状の返信メッセージで友人の場合、贈る際に書き方で嬉しい言葉とは


結婚式の招待状が届くと嬉しいので返信をしますよね。

初めて出席する場合は、マナーは分かってるけどメッセージを書くならどのような言葉を書いたらいいのか悩みますよね。

そこで、友人に贈る場合の書き方と嬉しい言葉についてお伝えします。

スポンサーリンク

招待状の返信メッセージで友人の場合は?

友人に返信する場合は、招待状の差出人が両家の親御さんの場合は敬語で書いて、友人と旦那さんの名前なら少しは砕けた感じにしてもいいです。

ただし、親御さんや家族の方が見ることを考えると返信メッセージは敬語で書く方が無難です。

私が今までいただいた招待状の差出人にはお父様の名前が記載されてたので毎回敬語にしました。

ただ、友人のお父様と知り合いの場合は返信する方の事を知ってますから、そこまでこだわらなくてもいいでしょう。

友人やそのご家族との関係性でメッセージの内容を決めてみてください。

招待状の返信メッセージの書き方は?

返信メッセージの書き方は丁寧に書くことで読む人に伝わります。

お祝い事ですからはじめに、ご結婚おめでとうございますと書きましょう。

続いて、ご招待ありがとうございます、お招きいただきありがとうございますなど書いてください。

ここの部分は親しい友人ならご招待ありがとうでも構いません。

続けて、喜んで出席させていただきます、当日は楽しみにしています、当日は〇〇ちゃん又は〇〇さんの花嫁姿を楽しみにしてますなど書いてください。

ちなみに書き方には句読点を含んでませんが、句読点は終わりを意味するのでつけないですけど、招待状のメッセージについてる場合はつけても構いません。

敢えてつける場合は!(ビックリマーク)をつけることが多いので気になる場合はつけてください。

ちなみに私は返信する相手によって、出席させていただきますや楽しみにしてますの後に♪(音符マーク)を書いてます。

メッセージ欄がない場合は一言書いてみよう

返信によってはメッセージを書く欄がない場合があります。

その場合は、ご結婚おめでとうございますと喜んで出席させていただきますのメッセージを書いてください。

私がいただいたものの何枚かには出席の下に書く欄がありまして。

その場合は出席の上に喜んでを、出席の下にさせていただきますと書いて、2行目にご結婚おめでとうございますを書いてます。


スポンサーリンク

返信メッセージで嬉しい言葉は?

返信メッセージとして嬉しい言葉は、招待状を頂いたときの気持ちをそのまま書くことです。

頂いて嬉しかったならメッセージは一緒にお祝いしたい気持ちを書くことで相手は喜びます。

私が結婚式を挙げた際に届いたものにはありがとう、喜んで、当日は楽しみにしてますというメッセージがありまして、私の中では一番嬉しい言葉でしたね。

この言葉は一緒にお祝いしたい気持ちが伝わってきたので招待状を送って良かったなと感じました。

相手が欲しい言葉ではなく、思ったことを書いてみてください。

まとめ

友人に返信する場合は、家族に見られることを考えると丁寧にしたり無難なメッセージにしたり、素直な気持ちで書くことで相手は喜びます。

招待してもらった気持ちをそのまま伝えてお祝いしてみてください。

⇒ 招待状の返信の関連記事は、こちら

また、親しい友人に返信メッセージを書くことってありますよね。

そのときの書き方についてこちらに載ってるので参考にしてみてください。

⇒ 親しい友人からの招待状の返信メッセージの記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA