スイカの食べ方で未熟な状態なら?甘くないときに食べれるようにする方法とは


スイカをお裾分けしてもらったり買って食べることってありますよね。

いざ食べると未熟だったり甘くないと食べるのが辛いですよね。

そんなときに一工夫することでおいしく食べられるのでその方法をご紹介します。

スポンサーリンク

スイカの食べ方で未熟の場合は?

スイカが未熟な場合はスイカを丸ごと使ったフルーツポンチにしてみてはいかがでしょうか?

スイカはくり抜いたものと缶詰やゼリー、炭酸をスイカの皮の中へ入れて冷蔵庫へしばらく置くとゼリーなどの甘さが未熟なスイカをカバーするので食べやすくなります。

スイカは冷やすことで甘味が増すので、冷蔵庫へ半日入れておくと未熟が少し成熟します。

私は小さい頃から毎年スイカを食べますが、時々未熟なものもあるんですよね。

小さい頃に母や祖母は少し時間をおけば甘くなるよと教えてもらいまして。

昼に出してもらったときは半日後の夜などにもう一度出してもらって食べてみました。

そしたら、前回よりも甘くなってて美味しかった記憶があるので、この方法で毎年当たったときには食べてます。

カットしたスイカは断面に砂糖を塗って冷蔵庫へ1~3日置くと成熟して美味しくなります。

これはジャムの甘味を保つときによくやってる方法なんですけど。

スイカでも同じように砂糖を赤い部分へ塗ると成熟したように甘くなります。

スイカのシャーベットは、小さくして冷凍してから潰して、蜂蜜やコンデンスミルクと一緒に食べれば未熟さが気にならなくなります。

スイカのかき氷はシャーベットをさらに凍らせて潰してを2,3回繰り返せばできるので、カキ氷用のシロップと一緒に食べると甘くなります。

スイカは未熟なときにはキューリと同じ食感があります。

おつまみの一品として浅漬けや塩漬けにしたり、野菜と一緒に食べてもいいですね。


スポンサーリンク

スイカが甘くない時にはどうすればいいの?

スイカは、ミキサーなら氷と砂糖を、味噌漉し器なら砂糖や蜂蜜、シロップ、塩などを一緒にするとジュースになるので甘くなくても気にせず飲めます。

スイカは甘くない時にはスムージーにしても飲めます。

冷凍スイカ、蜂蜜、冷凍した牛乳又はヨーグルトと一緒にミキサーで撹拌してできるので甘くなくても飲めます。

甘くないまま潰して冷凍したスイカは、缶詰を汁ごとメレンゲと一緒に載せるとフルーツの甘さがスイカの甘足りなさをフォローして丁度良くなります。

スイカゼリーは砂糖や塩、牛乳とゼラチンがあればできるので甘くなくても食べられます。

甘くないスイカは、砂糖とブランデーで大人のデザートになるのでお酒との相性もいいです。

スイカがより甘くなる方法はいくつかある

スイカは甘さを足すときには塩をかけると甘さが増しますよね。

塩以外にレモンの酸味もスイカを甘くさせてくれるので、甘くないスイカを食べるときに砂糖の代わりにしてもいいでしょう。

塩と一緒にかけても美味しさを引き立たせてくれるので美味しさはより増します。

まとめ

未熟だったり甘くない時には甘いものを多めに入れたり、レモンをプラスすることで甘くなりやすいです。

そんなスイカに当たったときには一工夫してみんなで食べてみてください。

また、スイカは夏バテを防止できるのでこちらを参考にしてみてください。

⇒ 夏バテ防止の食べ物の記事は、こちら

ちなみに、スイカは二日酔いで頭痛が起きてるときにもいいので、こちらを参考にしてみてください。

⇒ 二日酔いで頭痛が起きてるときの記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA