安産祈願の初穂料への書き方は?中袋無しの場合やお金の入れ方とは

妊娠生活も安定期に入ると戌の日には安産祈願として神社に行きますよね。

安産祈願に行く際に持ち物の一つとして初穂料の熨斗袋(のし袋)がありますが、初めて行く場合にどのように書けばいいのか気になりますよね。

そこで、初穂料の書き方、熨斗袋が中袋無しの場合の書き方、そして書いた後に気になるお金の入れ方について体験談を基にお伝えします。

スポンサーリンク

安産祈願に納める初穂料への書き方は?

熨斗袋の表の紅白の水引の上に(こちらは表向きになります)、初穂料と見やすいように大きめに書きます。

水引の下には少し小さめに名前を書きます。

熨斗袋は色んな場面で名字のみを書くことが多いですよね。

初穂料は神様に奉納する、つまり神社に納めるものですから、誰が納めたのか分かるように氏名をフルネームで記入します。

字の大きさの目安は?

字の大きさを例えると、初穂料がひらがなの大きさ(いつも書く字の大きさ)に対して、氏名はひらがなの小さな“つ、や、ゆ、よ“を目安にしてみてください。

ちなみに、大きさの例えですから実際に書く場合は見やすいようにはっきりと書くようにしてみてください。

名前を同じ大きさで書いても構いませんが、納める人が神様に何を納めるのか分かりやすいように初穂料の字を少し大きめに書くといいですね。

安産祈願の初穂料が中袋無しの場合は?

中袋無しの場合は、初穂料を書く袋の裏側に住所と金額を書きます。

裏側の水引の左側下に、郵便番号、その左側(隣の行)に住所を縦書きに書きます。

縦書きなので数字は漢数字で書くと見やすいです。

番地の“の“の字は漢数字が見やすいように縦に線で構いません。

◯◯◯◯の◯◯ではなくて、◯◯◯◯ー◯◯のように記入します。

住所の左側にやや大きめで納める金額を書きます。

ちなみに、私が行った神社では5000円を包みましたが、神社によっては金額が違うかもしれません。

なので、書く前に安産祈願へ行く神社に確認してみてください。

スポンサーリンク

金額の記入方法は?

金額の記入方法は郵便番号、住所よりやや大きめに、5000円なら金伍阡円と、10000円なら金壱萬円と縦書きにします。

金額も番地同様に漢数字で統一すると見やすいです。

ちなみに、数字の前に金を書くのは包んだ金額の意味を表すため、必ず書くようにしてください。

熨斗袋に漢数字を書くなら?

熨斗袋に数字を書く際には、万が一、誰かに後から字を書き加えられないように大字(だいじ)で書きます。

私自身、初めて熨斗袋に大字で書いた際に、書く前になぜそれで書くのか分からなくて、意味を調べたら漢数字の代わりの役割があると知って納得しました。

ちなみに、袋に書く大字は以下のようになります。

1→壱、2→武、3→参、4→肆、5→伍、6→陸、7→漆、8→捌、9→玖、10→拾、100→陌、1000→阡、10000→萬、円→圓

なお、円を圓ではなく円で書いても構いません。

圓で書くと固い感じがしますし、安産祈願はお祈りする意味の他にお祝いも含まれるので、そこまでこだわらなくてもいいでしょう。

大字の4、7、8などの読み方は?

余談になりますが、書く際には気にならないけど、手元に大字のお手本がなくてネットの辞書で調べて書く際に私は困ったので、読むとしたらどのように読むのか書きます。

4、7、8、百、円の漢数字の読み方は、4の肆はみせ、し、7の漆はうるし、しつ、8の捌ははつ、はち、べつ、百の陌ははく、バク、あぜみち、みち、円の圓はえん、まどかと読みます。

安産祈願の初穂料へのお金の入れ方は?

初穂料の紙袋へのお金の入れ方は、人物が載ってる方が表向きなので、袋から出す際に人物がすぐ見えるように入れます。

この場合、漢字(壱万円)が印刷されてる方から袋へ入れるようになります。

この向きにする理由として、お祝い事や奉納は礼儀として人物部分が見えるように入れる意味があります。

お金を入れる際に意識や気をつけたいこと

初穂料は神様に納めるものですから、気持ち良く納めて感謝を込めてお祈りしたいですよね。

袋にお金を入れる際には新札を入れますが、ほぼシワのない綺麗なもの、シワが分からない、目立たない綺麗なものでも構いません。

あくまでもお腹の子供の為に気持ち良く納めたいということから綺麗なお札を包むといいですね。

もし、シワが気になればアイロンで低音にあてるとシワが伸びて気にならなくなります。

まとめ

初穂料は神様に納めるものですから、マナーとして書き方を気をつけるように心掛けて、お金の向きや入れるお札も同じように意識してみてください。

また、安産祈願へ行く際に服装って悩みますよね。

そこで、私の体験談ですが夏と冬に行ったときの服装についてこちらに載ってるので、参考にしてみてください。

⇒安産祈願の際の服装の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA