乾燥肌の粉吹き対策 改善して肌を守るためにできることとは


冬が訪れるたびに気になるのが乾燥ですけど、ケアしててもいつの間にか粉吹いてたことはありますよね。

粉吹きをなんとかしたい方のために対策と改善、肌を守る方法を確認しましょう。

スポンサーリンク

乾燥肌の粉吹き対策は?

体内の水分がなくなると乾燥して白い粉吹き状態になるので、コップ一杯の水を飲んで小まめに保湿を行いましょう。

朝起きてすぐ、家事の合間や休憩中、お風呂の前後に飲むなど飲む時間やタイミングを決めておくと摂り入れやすいです。

お風呂後、朝の洗顔後や日中で乾燥してるときに化粧水や化粧クリーム、ハンドクリームを塗って保湿してください。

私は日中はハンドクリームを痒くなりそうなときや気づいたときに塗ってますが、ふとスネを見ると粉吹いてまして。

ハンドクリームは塗ったらどうかな?と試したところ潤ったので、手につけ過ぎて余ったときにはスネにもつけるようにしてます。

朝の洗顔は顔が綺麗になるかもしれませんが、必要以上に油分や水分を取ってしまうので常温水で洗って乾燥を防ぎましょう。

冷たい水でも構いませんが、洗った後はつっぱりやすいのでぬるま湯を目安に行ってください。

以前、知人からこれを聞いて驚き、ほっぺの粉吹いてる状態がここにつながるとは思わなかったです。

以来、朝は春から秋までは水で冬はぬるま湯で洗うようにしてます。

はじめはもの足りなくても、水で洗うようになってから時間が経ってもほっぺや顎あたりの粉吹きが前より少なくなってきました。

対策として冬の間は減らすかやめるように心掛けましょう。

顔を洗い終わったらタオルで押さえるように顔の水分をしっかり拭き取ってください。

拭き残しがあると自然と蒸発して必要以上に乾燥してしまうのでまんべんなく拭き取りましょう。

このときにゴシゴシ拭くとタオルとの摩擦で乾燥してしまうので、優しく拭き取ってください。

手を洗った後も同様に粉吹きにならないように押さえながら水分をしっかり拭き取りましょう。

化粧水が余った場合は全身に塗ると保湿されるので、タオルで拭き取らずに粉が吹きやすい首、肘、腕、膝、膝下にも伸ばすように塗ってください。

保湿が終わったら乳液やミルクを塗ると潤いを肌から蒸発せずに閉じ込めてくれますし持続する働きがあります。

ひと手間かもしれませんが粉吹き対策として使いましょう。

乳液は朝の洗顔後の後にも塗ると午前中はしっとりしたままで粉が吹きにくいです。

スポンサーリンク

全身用には保湿クリームをベタベタしない程度に伸ばして塗ると朝まで乾燥しないし粉吹きも目立たないので、朝も顔を洗った後に塗れば午前中はもちます。

エアコンのかかってる所は乾燥の影響で粉が吹きやすいので、ミニボトルに水や化粧水を入れておき休憩中や食事の後に吹きかけましょう。

ボトルはミストタイプだと顔全体や手足など広い範囲に掛けられるので短時間に行えます。

乾燥肌の粉吹き改善方法は?

乾燥肌の場合は、擦り洗いやゴシゴシと強く洗うとトラブルを招いて粉吹きになりやすいので、改善のために優しく洗うように心掛けましょう。

クレンジングはさくらんぼの大きさでマッサージするように、洗顔はレモンの大きさ位まで泡立てて泡を転がすように皮膚を動かさないように心掛けてください。

ボディタオルはよく泡立ててゴシゴシせずに泡で洗うようにすると摩擦が少なくてすみます。

髪の毛もゴシゴシ洗わずに髪や地肌をマッサージするように優しく洗いましょう。

石鹸は流すときにシャワーを直接当てると顔に圧がかかって乾燥を速めますから、常温で手に溜めて洗うように心掛けてください。

化粧水だけでも潤いますが、オイルをプラスするとさらに肌へ浸透するので続けることで粉吹きが改善していきます。

ホホバオイル、椿オイル、アーモンドやナッツオイルなどのオイルは、温めることで血流が促進されて肌がしっとりするので1滴化粧水に垂らしてなじませてください。

粉吹きを改善して肌を守るには?

化粧水にはしっとりとさっぱりの2種類がありますが、しっとりタイプは名前のように馴染ませることでしっとりします。

手で温めてから肌に浸透するように塗り、重ね塗りをすることで肌を粉吹きから守ります。

化粧水はいっぺんに塗ると肌が弾いて肌の奥へと入りにくくなってしまうので、入りやすいように時間をおいてから再度塗りましょう。

夜は乾燥しやすく蒸発が早いので、洗顔後のひと休憩のときやリラックスしてるとき、寝る前などにもう一度塗ると浸透して肌を守ります。

クレンジングや洗顔はいろんな種類がありますけど、なるべく成分がシンプルなものを使用すると肌の負担が少なくなります。

私は高くても安全で知ってる成分が入ってる物を使ってます。

化粧水やローションを含ませたパックは浸透力が上がるので、週に1回を目安に10分ほど毎週行うと徐々に潤い時間が伸びていきます。

妹がアトピー性なので毎日お風呂上りにパックしていてたまに触るとプルプルしてます。

まとめ

粉吹きにならないためには、肌を労わるように汚れを浮かせるように優しく洗い、水分を小まめに摂ったり保湿成分を含む化粧水や乳液を使うことで改善していきます。

粉吹きになる前に気づいたときに保湿をしてお肌を守りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA