乳児湿疹が顔に出た際の対処法、治し方でだんだんと治まっていく方法って?


生後2,3カ月頃から出始める乳児湿疹。

出始めた頃は軽かったけど、だんだん治らなくなってくることってありますよね。


自分になり出来ることはあっても、限界はある!


そんなときにどうしたらいいのか、私の2人目の体験から、顔に出た際の対処法と対策についてお伝えしますね!

スポンサーリンク

乳児湿疹が顔に出た際の対処法は?

出始めて軽いときは?

出始めた軽いときには、保湿すると治ることもあるので、

  • ワセリン
  • ベビーミルクローション
などを塗って保湿するといいですよ。


ちなみに、私の子の場合、出始めのときには市販のベビー用ミルクローションを塗ってて、1〜2週間位で気持ち治まってましたね。





  • 塗る量
毎回塗る量は、ビー玉の大きさを目安にすると、保湿が半日は持続します。

ただし、その日の気温や肌の状態で、量を調整するといいですよ。


ちなみに、私の子供の場合、ビー玉よりか、やや少なめにぬってたら、
量が少なかったのか、治りづらく、治まるかなって微妙な感じでした。


  • 塗るタイミング
お風呂を出た後が、一番肌が清潔な状態なので、体を拭いた後や朝、着替えさせたときに塗りましょう。


ちなみに、子供の症状が軽いときは、お風呂後だけ毎日塗ってましたね。

症状が広範囲の場合は?

乳児湿疹が広範囲になってきたときには、ワセリンで対処するといいですよ。

肌への刺激はないし、保湿といえば、ワセリンともいいますしね。


私の子供にワセリンを試したところ、少量でも伸びやすかったし、塗っても痒がらなかったです。





  • 塗る量
赤ちゃんって、意外にも乾燥しやすいですよね。

なので、暖かい日、暑がってないときなど、量は、サクランボ大位にすると半日持ちますよ。


寒い日は、これより若干多目だと、保湿が2,3時間は持ちました。

  • 塗る量が少ないと悪化しやすい
私の子供の場合、湿疹範囲が広くなっても、塗る量が軽いときと同じく、ビー玉位にしてたんですね。


おかげで、塗って1,2時間弱すると、肌が乾燥してたんです。

そのせいで痒いのか、掻きむしってしまって悪化する一方でした。


気づいたときには、ワセリンでは追っつかなくなりましたね。


こうならないように、症状を見ながら、量は調節するといいですよ!

先生のアドバイスを受けてやってみた

私の場合、お風呂後だけ塗ってたため、子供の症状が中々治らなかったんです。


病院に受診した際に、先生のアドバイスでは、

  • 症状が酷いときには、
    1日3回
    (朝、昼間、お風呂後)保湿を塗る
  • 保湿の上に薬を薄く塗る

このように教えていただき、そうすることで、段々と治まっていくとのことでした。


このとき、子供は5ヶ月になってて、、

この方法を続けて半月、時々、赤くポツポツと湿疹が出ることもあるけど、悪化することはなくなりましたね。

  • 塗る量のポイント
塗る量は、ベタベタになる位にするといいですよ。

季節や気温にもよりますが、暑い日や暖かい日なら、半日乾燥しないので。


これのおかげで、子供は生後5ヶ月になってもまだ湿疹は出てるけど、一部分だけですし、広範囲には出なくなりました。

  • 肌の弱い子ほど、気をつけよう
今回、2人目で得たことですけど、、、

赤ちゃんの乾燥、特に肌が弱い子は、舐めたらいかんねって気づかされましたね。

スポンサーリンク

乳児湿疹が顔に出たときにできる治し方は?

対処の際に、先生から他にもアドバイスをいただいてで。

次にもし、悪化した場合や、その前に出来ることなど、いくつか教わったので、お伝えしますね。

  • 保湿の前に薬を塗る
症状によっては、悪化したり、中々治らないことってありますよね。

そんなときには、薬→保湿も効果があるとのこと。


なぜかといいますと、直接患部に塗ることで、効きやすいからなんですね。


ちなみに、私の子供の場合ですが、中々治らないときや悪化していくときなど、このやり方にして効きやすかったです。

特に効果があったのは耳の皮
一番酷かったのが耳の皮で、

タダレのようになったり、皮が剥けたり切れたりして、その状態が半月程続いてたんですね。


薬→保湿を試したところ、2,3日位で徐々に治まっていきました。

  • 季節、肌の状態で量を増やす
赤ちゃんの肌の状態って、毎日同じではないですよね。

暑そうだったり、寒そうだったり、乾燥してるしてないだったり、、、


特に乾燥してるときには、塗る量を増やすと、悪化を防ぐことができますよ。

まとめ

日々、保湿が必要な赤ちゃん。


特に肌の弱い子、乾燥しやすい子だからこそ、

乳児湿疹が出たときには、できるだけ悪化を防げるよう、やってみてくださいね。


関連記事
赤ちゃんが生後8ヶ月頃に口周りに赤いのやかぶれが出る気になる原因とは

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA