腰痛の痛みを防ぐには?軽減して座る方法を提案

144c0f784515efb98cfefd5829b680af_s

日々仕事で腰を使うことはありますが、同じ姿勢だと次第に疲れて痛み出すことがあり、痛いと動くのが辛いのに使わないといけないのでどうしたらいいのか悩みますよね。

そこで、痛みを防ぐ方法や軽減して座る方法を確認しましょう。

スポンサーリンク

腰痛の痛みを防ぐには?

痛みが続く場合は人肌位の温かさのホットタオルで腰を温めたり、同じ位のぬるま湯に浸かるようにすると緩和します。

しばらくすると痛みは軽くなりますが、10分以上だと温かいので血行が良くなってしまって逆効果になることがあるので5分を目安に行ってください。

お風呂に出た後はなるべく腰に負担をかけないよう、安静にして過ごすと悪化は防げますから、寝るまでは腰を使わないように心掛けてください。

毎日仕事で何かしら腰を使っていると痛みが軽くなるまで時間はかかるので、2週間以上は続けるようにしてください。

実際に私の母が腰を悪くしたときに安静にするよう病院で指示されて、家にいるときにはお風呂の後は安静にしていて10日~2週間経った頃には以前よりか気持ち軽くなったと話してました。

安静のときに抱き枕を抱いて寝ると足が交差して背中が自然と丸くなり、腰の負担が少なくなるので、寝るときに使ってみてください。

腰痛の痛みを軽減するには?

日中仕事をしてるとどうしても腰を使うので、痛い場所に湿布を貼ったり腰にコルセットを巻いて過ごしましょう。

コルセットの場合、付け方が緩かったり位置がズレると固定せず時間が経つと上へズレるので、腰骨の位置にしっかり固定してください。

同じ姿勢が続くと痛みが増すので、時々膝を曲げて腹筋に軽く力を入れると軽くなります。

物を取る際には上半身のみ曲げて取ると痛みが悪化しますから、急に曲げずに膝を使ってゆっくり回しながら取りましょう。

寝るときは仰向けにして、全体が丸くなるように腰を軽く曲げたり膝を曲げて膝下にタオルを入れると軽減します。

また、布団が柔らかいと腰に負担がかかるので固めの布団で腰を反らないようにするといいですね。

背筋はできる範囲で伸ばすと腰痛にも良いので、痛くない範囲で反らないよう、気づいたときに意識してみてください。

腰痛ストレッチは軽減につながりますから、下記のものを取り入れてみてください。

  • 寝たまま両足を曲げて背中を丸めながら持つ
  • 仰向けの状態で肩や背中、お尻は床にくっつけたまま片足を交差して膝を床につける
  • 膝を曲げてお尻と腰を軽く持ち上げる


これらをできる範囲で5秒〜10秒程を2,3回行い、毎日行うことで少しずつ腰の筋肉もついてきますから、痛みが出てる間は意識して行ってみてください。


スポンサーリンク

軽減して座る方法は?

椅子に座るときに背中からお尻まで背もたれにピタっとくっつけ、胸を張り、顎を引くようにすると反らずにすんで自然と背筋が伸びるため痛みが軽減します。

このときに腰をつけずに座ると浅くなりやすいので、楽な姿勢だけど腰に負担がかかりますから気をつけましょう。

椅子の高さを膝がももより気持ち高めの物にすると負担が少ないので、低過ぎたり高過ぎる場合は見直し、このときにクッションが柔らかいと腰への負担がかかるので固めの物にしましょう。

車を運転する際に座るときも同様に姿勢を意識して座ると軽減されますよ。

痛い時の運転は辛いですけど、前のめりや猫背は楽な姿勢でも腰に影響が出るので、気づいたときに伸ばすと気持ち良いです。

私は軽い腰痛があったときに座ってる最中時々意識していたら痛みが気持ち軽くなったこともありました。

まとめ

痛い間はなるべく動かさないように安静にしながらコルセットを使って痛みを防いだり、寝方やストレッチ、座り方を意識して毎日行うことで軽減されるので、腰に負担のかからないことを取り入れてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA