静岡県のお菓子で有名な物、限定品などで食べたくなる物はこれ

静岡県には県ならではのお菓子がたくさんあります。

県外から知り合いや親戚が来るなら是非1回は食べてもらいたい物ってあるんですよね。

そこで、私が今まで食べてきたお菓子や静岡県内で人気のある物など、有名な物と静岡県限定品についてご紹介します。

※ちなみに、今回ご紹介するのは、ほぼ掛川市〜浜松市で食べられる物になります。

スポンサーリンク

静岡県のお菓子で有名な物は?

うなぎパイ

静岡県といえば、まず思いつくのが春華堂で作られてるうなぎパイですね。

CMが流れてるので、静岡県民で知らない人はいない位知名度が高いお菓子です。

うなぎパイは、たれのおかげかバターとマッチしてるのかクドくない甘さなので、静岡県に来た人や県民も食べたくなる位美味しいんです。

子供のおやつや知り合いが来たときに出すお菓子としてピッタリです。

私はたまに従姉妹の家へ遊びに行くんですね。

今は行ってもお菓子で出ないですけど、小さい頃は行くと時々うなぎパイが用意してありました。

美味しいので用意してあれば、毎回それを食べてた記憶がありますね。

うなぎパイの特徴は?

うなぎパイはスーパーやお店に売ってるお菓子のパイの2倍位の大きさです。

パイといえば、皮がサクッとしてて砂糖がよく効いてますが、食べてるうちにポロポロと皮が落ちてきますよね。

私は服や床が皮だらけなんて事がよくあって、食べるのに集中できない事も多々で(笑)

表面には砂糖が付いてますが、パイには秘伝のたれが塗ってあるおかげで砂糖がパイにしっかりくっついてるんですよね。

砂糖がポロポロ落ちる事はあるけど、落ちる量が少ないので気にならず、小さなお子さんも服の上は生地だらけにならないように感じます。

うなぎパイ V.S.O.Pも美味しい

このお菓子は、大人のうなぎパイ(別名”真夜中のお菓子”)といって、うなぎパイと同じ位有名な春華堂のお菓子です。

私は中学生の頃にこのお菓子を知り、当時は大人が食べる物と聞いてたんですね。

なので、子供は食べちゃいけないんだなと、勘違いしてた位ですが、、(笑)

V.S.O.Pはお酒が入ってないので、子供も食べられる美味しさだと大人になって食べてみて分かりました。

もっと早く知ってたらうなぎパイ同様に食べてましたが、うなぎパイよりこちらの方が値段が高めなんで、、、(汗)

お菓子として出すならたまにならいいかなと考えてます(笑)

V.S.O.Pの特徴は?

こちらは、ほのかなブランデーの香りとマカダミアナッツが効いてるので、うなぎパイよりも若干ほろ甘いように感じます。

うなぎパイは定番ですが、たまーにはこちらを親戚など来たときに出すのもいいですね。

こっこ

こっこも静岡県民には馴染みのあるお菓子で、CMで見かける事もある位知られてます。

こっこは蒸しケーキなんですけど、私の印象は見た目は蒸しパンにも似てます。

また、見た目は黄色なので、黄色=ひよこに結びつくのか、キャラクターもひよこで包装にひよこの絵が印刷されてて可愛らしいです。

私が小さい頃からお土産や知り合いの家に行くとお菓子としていただいてた位なので、子供も食べやすい大きさです。

大人ならこれ一個でもお腹が溜まるんですね。

けど、食べやすいのか子供なら2,3個は軽い位平気で平らげてしまう位癖になる美味しさかなと、小さい頃は食べるたびに毎回思ってましたね。

こっこの特徴は?

こっこは、フワフワの生地に中が卵とミルククリームの味がして、どこか懐かしいようにふと子供の頃を思い出す素朴な味です。

これは大人になって食べながら知った私の感想なんですけどね(笑)

私にとってはクドくない甘さで、見た目も和菓子のような印象がありますね。

中のクリームは結構多く、シュークリームのように多い印象があるので、人によってはその多さにクドイ、油っぽいと感じる事もあります。


スポンサーリンク

静岡県のお菓子で限定品は?

厄除だんご

厄除だんごは袋井市の法多山名物で地元では知らない人がいない程、知名度が高いです。

商品名が厄除けですけど、子供の頃から食べてる私からしたら厄を追い払うお菓子というよりも餅団子=和菓子って印象ですね。

この団子は5本でくっ付いて1組になってて、それが6組入った1セットになってます。

厄除だんごの特徴は?

団子というとスーパーなどで見かけるのは丸いお餅が3個重なってるのが一般的ですよね。

このだんごは、串の2/3に長方形型のお餅が乗ってて、市販されてる団子3つを伸ばした感じになってます。

お餅自体は柔らかくもっちりし過ぎない感触です。

その上に乗ってるこし餡が程良い甘さなので、お餅との相性は抜群で何本食べてもクドくないんです。

このだんごなんですけど、5本で繋がってる上にあんこがどーんと乗ってるんですね。

あんこの量はボリュームはそんなになく、1本1本同じ量で食べられるので、毎回あんこが多いだ、少ないだ、と不満になる事もなく、、、

串の大きさはよく見かける3個の団子の1/2位の大きさでお餅も丸い団子の半分位と少なめなので、小さい子からお年寄りまで食べやすい大きさに工夫されてるように感じます。

1本1本がそんなに大きくないから食べやすくて、気付くと1本また1本と食べてます。

今は2組で満腹になりますが、小学生の頃は軽く一箱いや、下手したら二箱は食べてたかもしれません。

残り1/3程のときには食べ方の工夫を

厄除だんごは量が少ないので半分位は難無く食べれるんですね。

串の半分を食べると下の方は食べにくく、市販の繋がってる団子と同じで持ってる方から食べないといけないんですよね。

そこだけ気にして食べれば平気な団子なので、幼稚園位のお子さんが遊びに来てお菓子として出すときには、食べ方を予め伝えておくといいですね。

源氏パイ ピアノシリーズ(ブラック&ブラウン)

源氏パイはハートの形をしたお菓子でオヤツの時間によく食べますよね。

私は小さい頃から食べてる位甘くて美味しいので毎日食べちゃう位親しみのあるお菓子ですね。

小さなお子さんもオヤツには源氏パイを食べることもあるのではないでしょうか?

源氏パイの特徴は?

このお菓子は市販で売られてる物と味は変わらず、パイ生地はサクサクしてて、砂糖が効いてて甘くて美味しいです。

私は生地はポロポロ落ちて服の上は生地だらけになることはいつもの事ですし(汗)

特徴として、よく見かける源氏パイの包装はプラスチックで、何枚か入ってますよね。

けど、この源氏パイはプラスチックではなくて箱なんです。

なぜ箱なのかというと、、、

私の想像ですが、静岡県といえば浜松!

私が掛川市民なので、静岡市よりも浜松市の方が馴染みがあるので、思いつくのが浜松市なんです(汗)

浜松といえば音楽の街として知られているので、音楽=ピアノ、ピアノといえば鍵盤で、その上に音符のリズムが印刷されてます。

なので、名前の通りピアノの絵にしてるのかなと勝手な判断をしております。

で、これも私の想像ですけど、プラスチックの包装より箱に鍵盤がプリントしてある方が見た目も可愛いし、ピアノ好きなら弾きたくなってしまうのではと考えてます。

私はピアノが好きなので、たまにスーパーやサービスエリアでこの源氏パイを見かけるとテンションが上がります。

鍵盤から源氏パイの歌が流れてるような絵なので、音楽好きにはたまらないかなと。

もし、来る方がピアノをやってたり音楽好きな人ならぜひ見せたい箱ですね。

ちなみに、茶色の箱もありますが、私は黒の方が見た目は好きですね。

大砂丘チーズクリーム

大砂丘(だいさきゅう)チーズクリームは、たこまんで作られてるお菓子で地元遠州灘では有名で、たまにお土産で貰ったりお裾分けで貰うこともあります。

オヤツには最適で、見た目はブッセのように見えます。

けど、これ1つだけで子供も大人もお腹が満たされる位大きくて、クリームがシュークリームのようにボリュームのあるお菓子なんです。

私の感覚ですけど、月一で食べたくなる、ふとしたときや思い出したときに食べたくなる位のお菓子ですね。

大砂丘の特徴は?

大砂丘はスポンジケーキでカステラのようにフワフワとしてるので、食べるとすぐに溶けてしまう位柔らかいです。

スポンジの間のクリームはチーズの粒々と塩がミックスされてますが、塩がよく効いてるので甘んだるくなくクドくもないので食べやすいです。

チーズの粒々がアクセントになってるので、私は何個でも食べたくなるけど、食べ過ぎると太る元なので、いつも一個で我慢してます(笑)

ただ、スポンジ生地なのでポロポロ落ちますが、そこさえ気にしなければって感じです。

チーズクリーム以外も美味しい

大砂丘にはチーズクリームの他に緑茶もあります。

また、季節限定や期間限定として、さくら、チョコマロン、おいも、ブルーベリー、ラムレーズン、いちごなどがあります。

どのお菓子もクリームの中にそれぞれ粒々が入ってて、塩味が効いてるのでチーズ同様にクドくないです。

中でもさくらクリームは私の中でイチオシ

私は2,3種類で5〜10個入りのセットの物をお菓子で出すときによく買いますが、特に好きな味はさくらです。

さくらクリームは、袋を開けた瞬間に桜のほのかな香りがします。

食べると甘んだるくなく桜の塩漬けした感じがクリームとマッチしてるのかとても食べやすいです。

私は桜の入ったお菓子って滅多に食べませんが、大砂丘のさくらクリームは毎年春に出ると必ず食べてしまいますね。

ちなみに、大人の私は毎年美味しいと感じる位甘過ぎないので、幼稚園位の子供も食べやすい味です。

また、私はチーズとさくらの2種類のセットが好きなので、おやつに出すならチーズオンリーではなくこの2種類がオススメです。

なお、こちらの記事にたこまんについて載ってるので、大浜公園付近のたこまんのみになりますが、参考にしてみてください。

大浜公園付近のたこまんの記事は、こちら

まとめ

ここで紹介したお菓子以外にも静岡県にはたくさんありますが、これらは1度食べると病みつきになるものばかりです。

また、幅広い年齢層の方が食べれる物ばかりなので、家に遊びに来た方があのお菓子は絶対食べたい、また食べたいと思う物をオヤツに出してみてくださいね。

ちなみに、ここで挙げたお土産のお菓子には色々な味や種類が他にもあるんです。
こちらに詳しく載ってるので、参考にしてみてください。

静岡県のお土産のお菓子の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA