白湯を朝一番に飲むと?習慣になったときに効果が出たこととは

白湯
白湯って聞くとお湯だよね!と思いますよね。

けど、白湯にはメリットがありまして、朝一に飲むことを習慣化すると色々変わります。

そこで、白湯を飲んでみた私の体験談を基に効果もご紹介します。

スポンサーリンク

白湯を朝一番に飲むと?

冬になると冷えるので痩せにくくなることもあって、体質を変えてみるなら気軽にできるものを考えると白湯があります。

白湯は朝ゆっくり飲むことで腸が活発に動きやすいように促してくれます。

私は朝は低血圧なんですけど、これを飲んで眠気から覚めやすくゆっくり動作することが良いようにも感じます。

飲み方はお湯を沸かしてお茶用のコップの7分目位まで入れて、蓋をして10分位待って少しずつ飲みます。

このときにポットのお湯だと沸くのが早いし、菌が抜けてるのでより飲みやすいですけど、蓋をするのがめんどくさいなら冷ましながら飲んでください。

私は猫舌なので火傷に気を付けつつ、待ってる間に家族と話したり時間がない場合は支度してるのでその間に冷めています。

冷めてても急いで飲むと火傷するかもしれないので、落ち着いて飲むように心掛けてます。

けど、冷め過ぎると冷えてしまうので、何かをしたらほどほどに飲むようにした方が飲みやすいです。

白湯を朝飲むことを習慣にするには?

続けるには最初の2ヵ月は意識して飲んでみましょう。

ずっと続けていると飽きてしまうこともあります。

けど、ときには体を動かしたり家事をやりながら間に飲み、飲む時期によってはお湯が熱すぎるので水を1/4入れてください。

スポンサーリンク

白湯を飲んでる間は無心になれます。

ほっとしたいときや考え事をしながらだったり疲れてるときなど、休憩中に好きな飲み物を飲むことと同じだと考えてます。

白湯を飲むことが苦痛になってくるとだんだん強制的になってしまいますよね。

なので、自分の飲みやすい方法を見つけながら色々試していくことが続くコツです。

白湯を朝飲んで効果が出るの?

白湯は飲み続けてると舌が慣れるのか白湯が甘くなってきます。

今まで飲んでたジュースが甘すぎることに気づいて、試しに飲んでみると1杯は飲めますが甘くて水に替えることもあります。

また、体全体の温かさが続くように感じて、手足の冷えも飲むと1時間は続きました。

少ないかもしれませんが、以前は飲んでもすぐに冷えてしまったので、その頃に比べると大きな変化を感じてます。

冬には温かい飲み物といいますがそれと同じで、カロリーがない白湯だから飲むには最適です。

けど、やはりもの足りないなら好きな飲み物でも構いません。

寒い時期の運動前後に飲むと温かいのでいつもより汗が出やすいです。

白湯のおかげで体重の増減は変化ないですが、飲むときに食べ物も意識したのでその影響もあるかもしれません。

夜に飲むこともありますが、朝の方が体の隅々まで温まるように感じます。

夜だと疲れて飲まずに寝ることもあって忘れるので、確実に飲むなら朝なら日課になりやすいです。

まとめ

白湯には落ち着く効果と本当の甘さとは何なのかが分かるように感じ、手足の冷たさも少しの間なら解消してくれます。

時期によっては水を入れると飲みやすいし、忙しい時間帯なら作業の合間でも構いません。

ストレス発散ではないけど、落ち着きたいときの飲み物として摂り入れてみるといいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA