おにぎりをラップでの包み方とは?海苔のくっつきとべちゃべちゃを防止するには


私は時々旦那におにぎりを作ることがあるんですけど。

旦那が食べるときに、形が崩れてる、海苔がラップにくっついてる、お米はべちゃべちゃなので食べにくいと言われたことがあってどうしようと悩んでいました。

そこで、おにぎりを作る際にどうしたらそれらを防げるのか調べてみました。

スポンサーリンク

おにぎりのラップの包み方は?

おにぎりはラップに包む際に熱いから早く作りたいと急いで握ってしまいますよね。

熱い内からラップで握ってしまうとラップに水分が残って蒸れた状態になるので、取った後は崩れたり形が変になってることがあります。

おにぎりは形を整えたらラップを外して、皿の上で冷ますように粗熱を取りながら水分を飛ばすと固まらないです。

粗熱が取れてる間にお米同士がくっつき、時間が経っても崩れにくいし固くなりにくいです。

おにぎりは冷めてきてからラップに包むと時期によっては水滴がついてることもありますが形は残ってます。

おにぎりを皿の上で冷ますのが面倒な場合は、ラップに包んだまま数箇所爪楊枝で穴を開けると水分が蒸発して熱を逃がしてくれます。

おにぎり一個分の大きさが分かるならその量を小分けにしておきましょう。

作るときに都度ご飯をほぐしてから握ると冷める時間が早くなるので時短したいときには効率的です。


スポンサーリンク

おにぎりにラップを使うときに海苔がくっつかない方法は?

海苔がラップにくっつかないようにするには、コンビニのおにぎりと同じように海苔を食べる直前にくっつけるようにしましょう。

海苔とご飯は別々に包んでおくか海苔をジップロックなどの密封容器に乾燥剤と一緒に入れてください。

食べるときに海苔を巻くとくっつかずにすんでパリパリのまま食べられます。

海苔にはツルツルとザラザラの二面があります。

ザラザラはご飯とくっつきやすいようになっていて逆だと取れてしまうのでつけるときには確認してください。

私はたまに慌てて作るときがあって、何故取れるのかよくよく触ってみるとツルツルの方だったことがあります。

食べる際に海苔を巻き忘れそうな場合は、おにぎりを握るときにご飯を冷ましてから海苔を押さえるようにしましょう。

そうするとおにぎりが冷めたときに水分が飛んでるので、時間が経ってもラップに海苔がつきにくいです。

おにぎりにラップを使うときにべちゃべちゃにならない方法は?

ご飯を炊くときには、ご飯1合に対して水はピッタリではなくて気持ち少なめや線よりも下にしてください。

そうするとご飯が固くなりやすくて水分の蒸発が早いため、お米一粒一粒が綺麗に光るように立っておにぎりはべちゃべちゃになりにくいです。

おにぎりは握る際にしゃもじについた水を切ってから乾いてくる前にご飯をよそってラップの上に載せてください。

そうするとご飯についてる水が少ないし、水分の蒸発も早いのでべちゃべちゃになりにくいです。

まとめ

おにぎりは、ラップに包むときにちょっとした工夫をすることで海苔を巻いても綺麗に食べられるので作るときに意識してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA