葬式で使う香典の書き方で中袋なしの場合、表書きや裏はどうすべき?


突然起こるお悔やみ。

知らせを聞いたときに用意するのは香典袋ですよね。


香典は書く機会があまりないので、書き方って悩みますよね。


では、知り合いが亡くなった際に、葬式に参加するときに持参する香典袋の中袋なしの場合の書き方で、表書きと裏についてお伝えします。

スポンサーリンク

葬式に使う香典の書き方で中袋なしの場合は?

中袋なしの香典の場合、のし袋に名前、住所、金額を記入します。


香典袋によっては、水引の上に御霊前や御香料が書かれてない場合がありますが、その場合は、御霊前や御香料などを記入します。

書き方ポイント
袋に御霊前などを書く場合は、文字の上は漢字一文字分開けて書くと見やすいです。

香典を書く場合は薄墨を使おう
香典を書くときには、基本、筆ペンを使います。

筆ペンを使う理由
なぜ筆ペンを使うのかといいますと、、、

昔は墨をすって筆で香典袋に書いてたので、それが当たり前だったんですね。

今もそれが伝わってるんですね。


なので、香典を書く場合、ボールペンやマジックで書いて出すと気になる方もいるので、筆ペンで書いてください。

筆ペンは薄墨を使おう
また、筆ペンには、薄墨や墨と薄墨の2種類などあります。

薄墨は涙で墨を濡らして滲む(にじむ)という意味があるんですね。


葬式=お悔やみなので、墨で書かないで薄墨の筆ペンで書くようにしましょうね。

葬式に使う香典の表書きは ?

名前の書き方
香典袋の表書きは、中袋なしの場合、白と黒の水引きの上に、御霊前や御香料と印刷されてるのを使うことがありますよね。


印刷されてる場合、水引の下(御霊前の真下)に夫の名前をフルネームで書きます。

名字のみにしない方が良い理由
ちなみに、名字のみだと、他にも同じ名字の人がいることもあるんですね。

なので、葬式で香典袋を受け取る人が、誰からか分かるように、フルネームで記入してください。

名前を書く場合、やや小さめに!
名前は御霊前と同じ大きさにしたり、御香料よりかやや小さめに書くといいでしょう。


その際、名前の上下は、漢字一字開けると見やすいです。


名前が大きいと、いかにも香典を持ってきましたと思う方もいますから。

お悔やみですから、書く際には目立たせるよりも控えめにした方がいいですね。

柄有りの場合
また、宗教によっては、水引の下に蓮(ハス)の柄が入った物や柄無しを使われます。


柄有りの場合は、名前が柄の部分に被っても構いませんよ。

私自身、これを見かけたことがありますので。

スポンサーリンク

葬式に使う香典の書き方で裏は ?

香典袋で裏の場合は、水引の左側下に、左から順番に縦書きで、差出人の金額と住所を書きます。


金額のみでも構いませんが、書いてあれば後々連絡する際の手段として助かりますよ。

住所を書く際には、いくつかのポイントを押さえておこう!
住所は金額よりも目立たない大きさにして、やや小さめに書きます。

例えると、住所は、小さな“っ・ゃ・ゅ・ょ”位の大きさを目安に書いてみてください。


住所が長い場合
住所を書く場合、長い場合がありますよね。

そういうときは、

アパートやマンションに住んでれば、アパート名以降を、住所自体長い場合は区切りのいいところで改行して、一字分空けて書く
といいですよ。


住所の左側には、名前を住所よりやや大きめにします。

住所の大きさが小さい“ゃ・ゅ”などなら、金額はいつも書く字の大きさで構いません。

香典の金額を書く際の数字は、大字(だいじ)を使おう
金額は縦書きの場合、金◯萬円や金◯阡円と書きます。


◯の部分は漢数字ではなく、マナーとして、大字で書きます。

大字は書き直しを防ぐ役割がある
大字は旧漢字の意味で、旧漢字は字が難しいんですよね。


漢数字の一、二、三は横棒を増やすだけなので簡単に書けますよね。


もし、漢数字のまま香典に書いた場合、万が一、一は二、二は三などと後から書き直されたりすることもあります。


それを防ぐために、旧漢字で記入しましょう。

大字の一、二、三の書き方
ちなみに、漢数字の一、二、三を大字で書くとこのようになります。


一→壱、二→弐、三→参

関連記事
大字の書き方

横書きで金額を書く欄があれば数字で良い
香典によっては裏側は水引の下に金額を書く欄がありますよね。

横書きの場合は、数字で構いません。

相手によって書き方を変えて良い
旧漢字で書けば丁寧でいいんですけど、旦那さんの知り合いの場合、相手にもよりますが、数字で書いても気にならないですよ。


私がよく見かけるのは、横書きの場合、大抵数字で、1000円や10000円と書いてあります。


横書きの場合、数字慣れではないですけど、その方が見やすいかと。


丁寧をこだわるなら、金◯萬円又は、円はあらかじめ印刷されていれば、金◯萬などと書いてください。

関連記事
香典の中袋なしで知り合いの場合の金額について

まとめ

あまり書くことのない香典ですが、故人に対してお供えする物なので、意識して書くように心掛けたいですね。

相手のことを考えつつ書いて、葬式に持参してくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA