大学の入学式の髪型で男性の場合は?ネクタイの結び方や靴下で合う物とは?


大学の入学式に着るスーツやネクタイは決まったけど、髪型が決まらないし、ネクタイの結び方が初めての場合はどうしたらいいのか悩みますよね。

そこで、入学式に合う髪型とネクタイの結び方、忘れやすい靴下についてお伝えします。

スポンサーリンク

大学の入学式の髪型で男性の場合は?

男性の場合は爽やかな感じにするとスーツに合って、場の雰囲気にも合います。

爽やかな髪型はツーブロックショート、アップバングです。

ツーブロックショートは、耳より上を長めにして耳回りを短めにカットしてその上から長い髪を被せることで清潔な印象を受けます。

ショートアップバングは、バング(前髪のこと)をアップ(かきあげること)でおでこが見えるので清潔感が出ます。

クラウドマッシュは、雲やマッシュルームのように髪の毛にボリュームを出すことで丸くふんわりした感じになるので優しい印象を受けます。

髪のトップをふわふわのカールやパーマにすることでおしゃれな感じが出ます。

大学の入学式でするネクタイの結び方は?

ネクタイの結び方としてやりやすいのはプレーンノットです。

ネクタイを一巻きして結び目ができるので、ネクタイを初めてするならやりやすいです。

ワイシャツの襟は、ネクタイを結ぶ前に立てておくと結ぶときに襟がネクタイの中に入らずにすむので型崩れしませんよ。

プレーンノットのやり方は?

ネクタイの両サイドには剣の先の形をした太い剣先と細い剣先があって、太い方は大剣、細い方は小剣といいます。

結び方は、ネクタイを横向きにして左側に大剣、右側に小剣になるように持ち、そのまま首の後ろに掛けます。

大剣が小剣の1/3長くなるように伸ばして、襟の下にくぐらせます。

大剣側は小剣側の上をクロスして1周回して前に持っていきます。

このときに、首の前が輪っか状態(ループ状といいます)になってるので、大剣側を後ろからそこへ通します。

通したら、巻いたときにできた輪の中へ大剣を通すと結び目ができるので、首のきつくない位置まで結び目を上げてください。

スポンサーリンク

綺麗な結び目になるポイントは?

大剣と小剣をクロスしたときに、クロスを持ちながら固定するように結んでいくと綺麗な結び目になります。

鏡で見たり、固定してるところを目で見ながら結んでいくとやりやすいです。

ちなみに、式の最中はネクタイが緩くならないようにしたいですよね。

その方法については、こちらに書いてあるので参考にしてみてください。

⇒ ネクタイが緩くならない方法の記事は、こちら

大学の入学式で履く靴下はどれなら合うの?

入学式に履く靴下は、膝下まであるロングホーズを履きましょう。

ロングホーズはホーズともいいますが、このソックスはハイソックスよりも2倍位長くて膝下まであるので、時間が経ってもズリ落ちにくいです。

ハイソックスの場合はスネの半分位の長さなので、時間が経つとズリ落ちやすいです。

ちなみに、式の最中はそれが気になってしまったり、座ったときにズリ落ちてくることがあります。

スーツからそれが見えてしまうと印象があまり良くないです。

靴下の色は黒ならどの色のスーツ、革靴にも合いますがよ。

濃いネイビーならネイビーのスーツ、濃いグレーならグレースーツに合わせると統一感が出ます。

白い靴下も履きやすいですけど、スーツと革靴の場合は合わないので避けましょう。

まとめ

髪型は爽やかな感じに、ネクタイの結び方はやりやすいプレーンノット、靴下はスーツや革靴に合わせた色にすることで入学式の雰囲気に合います。

準備は万全に、身なりを整えて出席してみてください。

また、スーツに合う鞄や靴も何にしたらいいのか悩みますよね。

こちらに載ってるので参考にしてみてください。

⇒ 大学の入学式のスーツに合う鞄と靴の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA