洗剤と漂白剤で洗濯物の匂いを取りたい!効果的にできる方法を取り入れよう


洗濯物を部屋干ししてると乾いた後に匂いが残ることってありますよね。

ツーンとする匂いを何とか取りたいですよね。


そこで、洗剤と漂白剤を使って洗濯物の匂いを効果的に取る方法をお伝えします。

スポンサーリンク

洗剤と漂白剤を使って匂いを取るには?

衣類は洗った後に匂いが残ってるときには、酸素系漂白剤を使ってつけ置き洗いをしましょう。

これにつけ置きすることで匂いの元となる菌まで取れやすくなります。

塩素系漂白剤は衣類を扱う際に注意が必要
ちなみに、漂白剤には塩素系漂白剤もありますが、生地や繊維を傷めやすい上に色物は取れてしまいます。

もし塩素系を使うなら、白い物の匂いを取りたいときに使うようにしてみてくださいね。

つけ置き洗いは、温度・入れる量・かき混ぜ方・浸しておく温度の目安を把握せよ!
つけ置き洗いは50度のお湯で、漂白剤に書いてある洗濯物の量に対しての規定量を入れると匂いが確実に取れます。

匂いを取るには適量が一番取れやすいので、多過ぎず少な過ぎずを心掛けてください。


また、お湯は衣類がしっかり浸かる量にすると、衣類全体にまんべんなく漂白剤がつきやすくなりますよ。

漂白剤は溶け残りのないようによくかき混ぜると生地にしっかり漂白剤がつきます。


漂白剤の入ったお湯に匂いのついてる衣類を入れて、お湯が冷めるまで浸しておくことで、匂いの原因となる雑菌の消滅にも効果が出てきますよ。


スポンサーリンク


つけ置き時間は長過ぎず!洗剤の量は規定量を守ろう!
ちなみに、お湯が冷める時間の目安は1時間で、これ以上つけて置くと生地や素材の痛みやすくなってしまうので気を付けてください。


つけ置き後には、洗濯物の量に合わせた量の洗剤を入れます。

洗剤が多すぎたり少ないと匂いが取れにくくなるので、洗剤に表示されてる規定量(例:水30Lに対して30mlなど)を入れてください。


漂白剤の入ったお湯に衣類をつけ置き後、洗濯は標準で洗って匂い菌を残さないようにすすぎは2回としっかり行いましょう。

洗濯表示を把握しておこう
ちなみに、衣類をつける際に、衣類の洗濯表示によっては40度や30度と書かれてる物があります。

書いてある温度以上だと生地などが傷みやすくなってしまうので、その温度以下で浸すようにしてください。

洗剤と漂白剤で効果が出やすいのは?

漂白剤や洗剤には液体タイプと粉末タイプの2種類がありますが、粉末タイプの方がより効果的です。

粉末タイプを使用できる素材に気をつけて!
ただし、粉末タイプの漂白剤は毛(ウール)や絹(シルク)素材には使えないので、これらを使う場合は液体タイプを使ってみてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャボン玉 酸素系漂白剤 過炭酸ナトリウム 750g
価格:409円(税込、送料別) (2018/7/20時点)


つけ置きを効果的に行うポイント
衣類をつけ置きする際には、蓋ができる容器で洗い、蓋をしたまま置いておくとお湯が冷めにくいのでより効果的に取れます。


衣類は漂白剤に浸けた後、規定量の粉末洗剤で洗う際に、水ではなく、50度位のお湯を使うことで、より効果的に匂いの元となる菌まで取れやすくなります。


私は酸素系漂白剤で50度位の温度で衣類を浸して冷めるまで置いてから洗濯したことがありまして。

洗濯は洗剤にぬるま湯で洗ったんですけど、水よりも匂いは取れてましたが、何となく残ってたのでお湯の方がより効果的だと分かりました。

まとめ

乾いた後の洗濯物から匂うときには、お湯と粉末タイプを使った方法でひと手間かけて匂いを取ってみてください。


合わせて読みたい記事
⇒ 生乾きの臭いの取り方や対処法

スポンサーリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA