七夕飾りの作り方で折り紙でするなら?子供や幼児もできる簡単なものを作ってみよう


七夕を家族で楽しむなら飾りを手作りしたいですよね。

けど、飾りって難しそうなのですぐ作れるか悩みますよね。

そこで、折り紙を使って子供や幼児も作れる簡単なものをご紹介します。

スポンサーリンク

七夕飾りの作り方で折り紙でできるものは?

折り紙でできるかざりの中から手軽に作れるものをご紹介します。

ほしかざり

折り紙は1枚用意します。

  • 作り方

①折り紙は裏返して斜めにして横半分に折ります。

折り紙を半分にしたらさらに半分折って小さな三角にします。

②向きを変えて、前を開いてつぶして四角にします。

③反対側にします。

三角を開いてつぶして四角にします。

④折り紙を縦半分に折り、星の形を半分書くか切ります。

切ったら開いて真ん中が開いてる折り紙、切り取った色付きの折り紙が2枚、白色の折り紙が2枚に分けます。

ちなみに、真ん中が開いてる方はじゅうじぼしにもなるのでそれだけ飾っても良いですね。

⑤切り取った星を色白の順番でのりかセロハンテープで縦につなげていきます。

ちなみに、このように貼るとほしつづりみたいに見えるのでじゅうじぼしと同じようにこれだけで吊紐につけて飾っても良いですね。

⑥真ん中が開いてる折り紙の下へ、星をつなげた折り紙の一番上をのりで貼り付けて完成です。

ちなみに、切り取った星は色を変えるとカラフルになって可愛いです。

ひしがたつづり

折り紙は2色用意します。

  • 作り方

①折り紙を裏返して縦半分に折ります。

折り目をつけたら戻して横半分に折ります。

折り目をつけたら戻します。

②縦横の折り目をはさみで切ります。

切ったら小さな4枚の四角い折り紙ができます。

色違いの折り紙を①~②まで作ります。

③2色の折り紙がそれぞれ4枚ずつできたら、2色を1枚ずつななめにしてのりで両方貼り付けます。

同じように残りものりで貼り付けて、全部8枚になったら完成です。

これはほしかざりのときに切り取った星を使っても構いませんし、星をつなげるとほしつづりのようにも見えます。

がくぶちかいだん

折り紙は1枚用意します。

  • 作り方

①折り紙を縦半分に折ります。

折り目をつけたら裏返しのまま開きます。

そのまま横半分に折り、折り目をつけて戻します。

②真ん中に合わせて左右に折ります。

さらに半分折り、折り目をつけて広げます。(折り目は8本になります)

続いて、真ん中に合わせて上下で折り、さらに半分折ります。

折り目をつけたら広げます。(折り目は縦横8本ずつになります)

③裏返しに縦半分に折り、折ったところの一番下側の折り目から横に折り目1つ分残して上へはさみで切り、上も折り目1つ分残るところまで切ります。

続いて、折ったところの一番上から横へ2つ目の折り目まで切り、下へ5つ目の折り目(先程切った1つ前)まで切ります。

ここは間違えてその下まで切らないようにしてください。

続いて、折ったところの下から折り目2つ目のところから横へ折り目1つ分切り、上へ4つ分(先程切ったところの1つ前まで)切ります。

ここも間違えて先程切ったところまで切らないようにしてください。

※ここは切り間違えを防ぐために黒いボールペンなどで切る前に線を書いておくと切り過ぎを防げます。

3カ所切り終わったら広げます。

広げると右の絵のような切れ目ができてます。

④一番外側を残して1つ手前を上へはさみで切ったところまで折ります。

同じように1つ内側を上へ折ります。(右の絵)

最後に内側を上へ折り、折った上へ吊紐をつけて完成です。

ひしがたかいだん

がくぶちかいだんと作り方はほぼ同じです。

折り紙は1枚用意します。

  • 作り方

①折り紙を斜めにして縦半分に折ります。

②ペンで1cm開けてダイヤの半分を上から下へ書いて最後の1cm残します。

次に、今書いたところから内側へ1cm開けて下から上へ同じように書いて1cm残します。

さらに、今書いたところから内側へ同じように上から下へ書いて1cm残します。

ペンで書いた部分ははさみで切っていきます。

ちなみに、書くのがめんどうなら1cm間隔を開けて最後は1cm残して切ればOKです。

はさみで切り終わったら色の付いてる方を開いてください。

③切ったところの一番外側から順番に前へ切った部分まで折っていきます。(左の絵)

同じように2回切った部分まで折ります。(右の絵)

折ったら表→裏→表→裏の順番になって完成です。

上に吊紐をつけると飾れます。

この絵は青色ですけど、色違いでもう一種作って飾りを増やしてもいいですね。

飾りを作るときに必要な材料を用意しよう

折り紙で飾りを作るときには材料を用意しましょう。

  • 材料

折り紙(普通の大きさ)、色ペンや黒のボールペン、マジック、線引き、ハサミ、液体かスティックのり、セロハンテープ

マジックは折り紙に模様や線を分かりやすく見やすくしたいときに使ってください。

線引きはハサミで切る前に目印があると分かりやすい場合には使いましょう。

のりは折り紙をくっ付けるときに落ちないようなタイプを使いましょう。

のりが面倒になればセロテープで代用しても飾りを見たときに目立たないので使ってみてください。

七夕飾りの作り方で子供が作れるものは?

あみかざり

折り紙は1枚用意します。

  • 作り方

①折り紙を裏返して縦半分に折ります。

続けて2回半分に折ります。

②折った折り紙を横向きにして、折った方からはさみで1cm間隔に上へ切っていき1cm位は残します。

反対にして同じように先に切った方の間と間を切っていき1cmは残します。

③切ったら広げます。

裏返して縦向きにして完成です。

先程1cmずつ切ったところが網状になります。

じゅうじわっか

折り紙は2色用意します。

  • 作り方

①折り紙は内側へ半分に折ります。

折り目をつけたら戻して、右半分を折ります。

折り目をつけたら戻して、次に今つけたところまで折ります。(右の絵)

折り目をつけたら戻します。

②折り目が3本ついたら一番右の折り目をはさみで切ります。

色違いの折り紙を①~②まで作ります。(右の絵)

③色違いの切った折り紙が2枚できたら、両方輪っかにします。

どちらかの輪っかの裏側の上下にのりをつけます。

のりをつけたらもう1つの輪っかをのりのついたの中へ入れて上下貼り付けます。(左の絵)

同じように3個作って輪っか同士をのりでくっつけます。(右の絵)

作ったじゅうじわっかつづりは好きな分だけ作ってみてもいいですね。

輪っかは色を反対にしてつなげてもいいし、他の色を使ってもカラフルな輪っかになります。


スポンサーリンク

作り方で幼児が作れるものは?

小さいなお子さんが作れるものですけどはさみを使うので、上手く使えればお子さんに、難しそうなら親御さんが切ってください。

わっかかざり

折り紙は2色用意します。

  • 作り方

①折り紙を裏返して縦半分に折ります。

もう2回折って8本の折り目をつけます。

②折り目がついたら開いて右端の折り目をはさみで切ります。

右の細長い折り紙は輪っかにする折り紙です。

③折り紙の表同士をのりで貼り付けて輪っかにします。

色違いの折り紙を①~③まで作って、先程作った輪っかの中へ通してのりでくっつけて輪っかにします。

最終的に最初のものもくっつけて大きな輪っかになれば完成ですが、絵のようにくっつけなくても飾りになるのでやりやすい方で構いません。

折り紙は絵のように色違いで交互に輪っかを作ったり、他の色を増やしてもカラフルな飾りになります。

ふきながし

  • 作り方

①折り紙を裏返して横半分に折ります。

さらに、2回折ります。

②折ったら広げて裏返し、折り目をはさみで切り1cm残します。

はさみで切ったら色のついてる方で切れてないところ同士をのりで貼り付けます。

※貼る位置は小さく丸く囲ってありますが、そこにのりをつけると貼りやすいです。

のりでくっつけて向きを変えると完成です。

さんかくつづり

折り紙は2色用意します。

  • 作り方

①折り紙は裏返して斜めにして縦半分に折ります。

折り紙は折り目をつけて開き、横半分に折ります。

折り目がついたら開きます。

②折り目に沿ってはさみで切り、4枚の三角の折り紙にします。

色違いの折り紙を①〜②まで作ります。

③三角にした折り紙の下にのりをつけます。

のりをつけたところに色違いの折り紙の上の部分を貼って、同じように交互に貼って完成です。

折り紙は貼るときに色違いで3色にするとカラフルな飾りになるので、色が多いほど出来上がりは可愛いです。

さんまいぼし

同じ色の折り紙を3枚用意します。

  • 作り方

①折り紙は裏返して斜めにして縦半分に折ります。

残り2枚も同じように縦半分に折ります。

②2枚を使って、片方は反対向き(右向き)にしてもう片方の中へ入れて上の部分をピッタリ合わせます。(右の絵の状態)

③下の合わさってるところに残り1枚の折り紙を逆三角形の向きにします。

先っぽを合わせってる位置へ重ねてのりで貼って完成です。(右の絵)

七夕飾りの作り方で簡単なものは?

おりひめとけんぎゅう

折り紙はそれぞれ1枚ずつ用意します。

  • 作り方

けんぎゅうの作り方から説明すると折りやすいのでこちらから説明します。

①折り紙を裏返して斜めにして縦半分に折ります。

折ったら開きます。

続いて、横半分に折り、折り目をつけて開きます。

②下の部分を小さい三角に折って上へ折ります。

※右の絵は折った状態です。

③反対向きにして、両サイド真ん中を軸にして前に折ってけんぎゅうの完成です。

右の絵のように上の白い部分にけんぎゅうの顔を好きなように書いてください。

続いておりひめです。

おりひめはけんぎゅうの写真②まで折り方が同じなのでそこまでの説明は省きます。

④写真②まで折ったら反対向きにして点線を目印に(左の絵)、右側から折ります。

※織姫の点線はけんぎゅうの点線よりも内側気味ですけど、この位置で折った方が下の写真の左の絵のように下のとんがってる部分がどちらかに偏らずにすみます。

続いて、左側も同じように折り、点線のところ(左の絵)で左側に折ります。

反対にして、上の白い部分に織姫の顔を好きなように書いて完成です。

どちらも簡単にできますし、顔を書くと可愛くなるので好きなように書いてみてください。

ほしつづり

ほしかざりの上の部分です。

折り紙は1枚用意します。

作り方はほしかざりの①~④を参考にしてみてください。

かいだん

がくぶちやひしがたと作り方は同じ感じですけどよりも簡単にできます。

折り紙は1枚用意します。

  • 作り方

①折り紙を縦半分に折り、さらに半分折って折り目を付けて半分開きます。

②開いたらはさみで折り目の真ん中は下から上へ、左右の折り目は上から下へ切り1cmは残します。

切ったら開いて点線まで前へ折ります。(右の絵)

点線は折り紙を前へ折り曲げるために、目安として1cm位残してある位置に書いてあります。

③一番内側の折り目を残したまま、下1cmも残して前へ折ります。(左の絵)

※ここも1cmの目安として点線を書いてます。

同じように下1cmを残して折り目に沿って前へ折ります。

上から順番に表→裏→表→裏の順番になって完成です。

かいかざり

折り紙は1枚用意します。

  • 作り方

①折り紙を裏返して縦半分に折ります。

折った方からはさみで最後は1cm残しながら1cm間隔に切っていきます。(左の絵)

切ったら開きます。

②開いたら対角線上にはし同士を合わせます。

②はし同士をのりで貼り付けます。

貼り付けて裏返すと完成です。

切ったところを軽く広げるとより貝の形に見えます。

ちょうちん

折り紙は1枚用意します。

  • 作り方

①折り紙を裏返して横半分に折ります。

折った方から1cm間隔を開けながらはさみで上へ1cm残しながら切ります。

②折ったら広げます。

色の付いてる方の上下のはし同士ををのりで貼り付けて、反対にして完成です。

上には紙紐をつけると飾れます。

まとめ

七夕飾りは折り紙で簡単に作れるので、子供や幼児も作りやすいものを楽しみながら作ってみてください。

また、七夕を家族で楽しむなら食事も楽しみたいですよね。

家庭で作れる七夕料理についてはこちらに載ってるので参考にしてみてください。

⇒ 七夕の料理の記事は、こちら

また、願い事を書く場合、大人になった今書くならどのような事を書けばいいのか気になりますよね。

こちらに詳しく載ってるので参考にしてみてください。

⇒ 七夕の願い事の記事は、こちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA