出産祝いの祝儀袋の表書き、裏の方法とペンを使うならこれにするべし!


出産祝いに祝儀袋を親友に贈ることってありますよね。

その際に、表や裏ってどのように書けばいいのかふと、悩むものですし、ペンを使うなら何を使えばいいのかも悩むものですよね。

そこで、祝儀袋の書き方と使うペンについてお伝えします。

スポンサーリンク

出産祝いで祝儀袋の表書きは?

祝儀袋の表書きは、水引の下に名前をやや小さめにフルネームで書きます。

祝儀袋は誰から貰った物か分かるように書くなら、名前は見やすいように、御祝や出産祝と同じ大きさだったり、やや大きめに書いても構いません。

ただ、相手に何の為に贈るのか分かるように、敢えて名前を小さめに書くことでメリハリがつくと私は考えてます。

表書きで意識するなら?

私は祝儀袋を書く際に意識してることですけど、名前を書く大きさによりますが、敢えて一字と一字の間に小さな丸を入れるつもりで開けて書くことです。

そこまで気にしなくても構いませんが、間を開けることで名前が見やすく感じます。

そんな小さいことは気にしなくてもいいのでは?と感じることもあるかと思います。

それに人それぞれなんですよね。

ただ、私は祝儀袋を頂いたときに何となくなんですが。

名前は詰めて書かれてるよりか、一字毎に間が開いてることで綺麗だったり丁寧に見えたりします。

それに、心を込めて書かれたのかな?とふと、感じることがあるんですね。

まあ、丁寧に書かれてればどちらも同じなんですけどね(汗)

小さいことですが、私の場合は名前を書く際に、ふと、意識して毎回このように書いてますね。

表書きの場合、敢えて書き方を意識するなら?

余談になりますが、私が祝儀袋を書く際に、敢えて文字を縦線を意識して真っ直ぐ書くことです。

祝儀袋はあまり贈ることがないですよね。

お祝いとして渡す物ですから、丁寧に綺麗に書くのは良いことですよね。

けど、敢えて、字を縦に真っ直ぐ書くことで、より見やすさと丁寧さが増すように感じます。

スポンサーリンク

そこまで気にしなくても構いませんが、私自身、左利きで字が下手なんですよね。

字は下手だけど、何とか祝儀袋に上手く書く方法があればと色々考えたことなんですけど、ここで詳しく書くと祝儀袋の表書きから脱線してしまいますので(汗)

こちらは左利きのことになりますが、文字を書く上での書き方について載ってるので、参考にしてみてください。

文字を綺麗に上手に書く方法の記事は、こちら

ちなみに、左利きに限らず、字を綺麗に書く方法やコツはこちらにも載ってるので、参考にしてみてください。

文字を綺麗に書く方法やコツの記事は、こちら

出産祝いの祝儀袋で裏は?

裏は、お互いによく知っている友人の場合、金額のみで構いませんが、住所も書いてあるとお礼や連絡する際に助かります。

書く場所は左下に、縦書きで見やすいように漢数字にします。

金額のみ書く場合、相手が礼儀やマナーなどそんなに拘らないなら、横書きでも構いません。

けど、表が縦書きなので、裏も同様に縦書きにした方が見やすいです。

ちなみに、祝儀袋について、こちらに住所や金額の書き方が詳しく載ってるので、参考にしてみてください。

⇒出産祝いに贈る祝儀袋の裏側の書き方についての記事は、こちら

出産祝いの祝儀袋にペンを使うなら?

御祝儀袋に記入する場合は、マジック、サインペン、筆ペンなどどれで書いたらいいのか迷いますよね。

そんなときには、筆ペンで書くのが一番いいかなと。

筆ペンはお祝い事では礼儀として基本的に使いますし、普段使うことがないので、他のペンよりも丁寧な字になりやすいです。

心を込めてお祝いするなら、筆ペンで書いてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私は祝儀袋をあまり使うことがないけど、お祝い=特別と考えてるので、毎回筆ペンで書くようにしてます。

まとめ

出産祝いに贈る祝儀袋は、ちょっと意識して書くことで相手にお祝いしたい気持ちが伝わるものです。

なので、贈る人のことを考えながら、筆ペンで表裏共に丁寧に書いてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最近のコメント
    最近のコメント
      • このエントリーをはてなブックマークに追加
      関連コンテンツ
      スポンサーリンク
      最近のコメント

        コメントをどうぞ

        メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

        CAPTCHA